スバル「新型WRX STI」ニュル24時間モデル;走行シーン画像!

sponsored link


sponsored link


sponsored link


sponsored link






 

新型 WRX STI がニュルブルクリンク24時間レースに参戦

~参戦10年目、3年連続のクラス優勝を目指し、
全国から選抜された6名の販売店メカニックがレースをサポート~
SUBARUのモータースポーツ統括会社であるスバルテクニカインターナショナル*1は、2017年5月25日から28日にかけてドイツ・プファルツ州アイフェル地方のニュルブルクリンクサーキットで開催される第45回ニュルブルクリンク24時間レースに、新型 WRX STI をベースとする車両で参戦します。このチャレンジは、2008年以来今年で10年目となり、節目の年を迎えます。

この 新型 WRX STIは、今年も欧州有力メーカーが多数参戦する2.0リットル以下のターボエンジン搭載車クラスである「SP3T」に参戦し、同クラスでの3年連続、5度目の優勝を目指します。

2017年5月24日に発表した新型 WRX STI をベースに、加速性能とトップスピードの向上を図るために、エンジン出力の向上、パドルシフトの採用、トランスミッションの改良を施し、あわせて、シャシージオメトリーの最適化、剛性バランスの改善、車体の軽量化、慣性モーメントの低減、フロントダウンフォースの向上なども行い、ベース車の「速く」かつ「意のままに操る」基本性能を極限にまで高めました。

チーム監督は昨年に引き続きSTIの菅谷重雄が担当。ドライバーは、昨年までの2連覇のメンバーである、カルロ・ヴァン・ダム(オランダ)、マルセル・ラッセー(ドイツ)、ティム・シュリック(ドイツ)、山内英輝(日本)の布陣で挑みます。

また今年も全国SUBARU販売店から選抜された6名のメカニックがチームに参加し、レースをサポートします。販売店メカニックの海外自動車レースへの参加は、メカニックの技術力向上により、お客様にカーライフの「安心と愉しさ」をお届けすることを目的に、SUBARU独自の取り組みとして1990年より継続しています。これまでに351名(~2016年)のメカニックがサファリラリー、WRC*2(世界ラリー選手権)、ニュルブルクリンク24時間レースで活躍してきました。

*1:スバルテクニカインターナショナル(株)(代表:平川良夫、東京都三鷹市、略称:STI)
*2:World Rally Championship

sponsored link



sponsored link