SUBARU「新型 WRX STI TYPE RA-R」500台限定発売も…

sponsored link


sponsored link


sponsored link


sponsored link





 

SUBARU WRX STI 特別仕様車 「TYPE RA-R」を500台限定発売

~STI最高パフォーマンスエンジンを搭載した軽量コンプリートカー~
WRX STIの限界性能を高めるチューニングを施しつつ、車両を軽量化
「S208」にも採用した、329馬力のバランスドBOXERエンジンを搭載

SUBARUは、同社のモータースポーツ統括会社であるSUBARU TECNICA INTERNATIONAL*1と共同開発した、WRX STI 特別仕様車「TYPE RA-R」を本日2018年7月19日に発表・発売します。

WRX STIをベースとする「TYPE RA-R」は、「軽さ」「速さ」「愉しさ」をテーマに、クルマの本質である「走る・曲がる・止まる」という性能を極限まで突き詰めた、STI創立30周年記念コンプリートカーです。軽量化パーツの採用やパーツそのものの取り外しによって、グラム単位での軽量化を積み重ねた「TYPE RA-R」は、ベースであるWRX STI*2との比較でも約10kg軽く、「S208」や「S207」と比較して約30kgの軽量化を実現しました*3。また、エンジンはSTIコンプリートモデル最高のパフォーマンスを誇り、「S208」にも搭載した、EJ20バランスドBOXERを採用。「S208」を上回るパワーウェイトレシオにより、これまでにない「速さ」と「愉しさ」を提供します。

パワーユニットは、329馬力のEJ20バランスドBOXERのほか、インタークーラーの冷却効果を最大限発揮するために剛性を上げたパフォーマンスシュラウドや、圧力損失を低減してエンジンの出力性能とレスポンスを高める低背圧パフォーマンスマフラーを採用。どこまでも回したくなるような気持ちの良い回転フィールと、ハイパフォーマンスを象徴する排気音を実現しました。

足回りは、「TYPE RA-R」のために専用開発したダンパー&スプリングや、ハイμブレーキパッドを採用したbrembo製ブレーキシステムを装備したほか、トレッドのアウト側とイン側の異なるコンパウンドの組み合わせによってドライ&ウェットどちらでも強力なグリップを発揮するミシュラン製パイロット スポーツ 4Sを国内自動車メーカー初採用。車両の限界性能を高めるとともに、操作性や制動力の強化がドライバーに安心感を生み出します。

なお、「TYPE RA-R」の性能をフルに引き出すためのSTIパフォーマンスパーツを豊富に取り揃えており、ドライバーの感性に合わせて更にカスタマイズすることも可能です。

「TYPE RA-R」は500台限定発売とし、本日2018年7月19日(木)から12月17日(月)の期間中に販売店で注文を受け付けます*4

*1:スバルテクニカインターナショナル株式会社(代表:平川良夫、東京都三鷹市、略称:STI)
*2:ベース車両型式はVABE4EH-AACです。
*3:軽量化項目の中にはスペアタイヤのパンク修理キットへの置換も含みますが、当該数値はカタログの重量には反映されていません。

*4:株式会社SUBARUが限定台数で販売する車両です。2018年12月17日以前に受注台数が500台に達した場合には、その時点で販売を終了します。2018年12月18日以降で、販売店に在庫がある場合には、当該在庫分についてのみ注文を受け付けします。




新車購入検討前に、まずは愛車見積もり!
高額買取の愛車査定は、約30秒の簡単一括査定で!



sponsored link