スバル「XV/XVハイブリッド2016」マイナーチェンジ;インテリアデザイン画像集

インテリアのデザインテーマは「XVにふさわしい遊び心溢れるキャビン」

sponsored link


XV 20i-L EyeSightのインパネ XV 20i EyeSightのインパネ

sponsored link


XV ハイブリッド 20i-L EyeSightのインパネ XV ハイブリッド 20i EyeSightのインパネ

sponsored link


XVのシートはオレンジのステッチを採用 XV ハイブリッドのシートはシルバーのステッチを採用 XV ハイブリッド 20i-L EyeSight専用のウルトラスエードトリコットシート

sponsored link


 

 

 

SUBARU XV / SUBARU XV HYBRID 大幅改良モデルを公開 ~先進安全装備「アドバンスドセイフティパッケージ」を採用~

富士重工業は、SUBARU XV / SUBARU XV HYBRIDの大幅改良モデルを、本日より「SUBARU オフィシャルWEBサイト」内の専用サイト(http://www.subaru.jp/xv/special/)にて公開します。尚、10月28日の東京モーターショー2015 プレスデーにて正式発表します。
今回の改良では、スポーティ&カジュアルをテーマとするXVらしいデザインをより強化すると共に、アイサイトをはじめとして高い評価をいただいている安全性能をさらに向上させました。
エクステリアは、SUVらしいアグレッシブで躍動的なデザインを採用。フロントマスクをシャープで存在感のあるデザインとし、フロントまわり全体でワイド感と低重心を表現することで、XVの持つスポーティイメージをいっそう高めました。またガソリン車には、アクティブでスポーティ感あふれるモチーフに磨きをかけた新デザインの17インチアルミホイールを採用しました。インテリアには、XVらしい遊び心ある仕様を織り込みながら質感を向上。随所にオレンジステッチを施すと共に、ピアノブラック調パネルや金属調アクセントで上質感を演出しました。
安全性能においては、先進安全装備「アドバンスドセイフティパッケージ」*1の展開により車両周辺状況の幅広い検知を可能とし、SRS サイドエアバッグ&SRS カーテンエアバッグの全車標準装備化と合わせて総合安全性能*2を更に強化しました。
また、操縦安定性は昨年の改良時に足回りを大幅に進化させ、サスペンションおよびステアリングシステムのさらなる最適化により、都市型SUV の枠を超えたリニアで軽快なハンドリング性能を実現しています。

You may also like...


sponsored link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です