スズキ「新型イグニス」発表;市販間近モデルは、スイフトSUV?【デザイン画像集】

スズキ イグニス 2015 02

sponsored link


スズキ イグニス 2015 03 スズキ イグニス 2015 04

sponsored link


スズキ イグニス 2015 01

sponsored link


スズキ イグニス 2015 05 スズキ イグニス 2015 06

sponsored link


 

コンパクトクロスオーバー「IGNIS(イグニス)」は、3月のジュネーブ・モーターショーで発表された「iM-4」の要するに市販モデル。今回も「参考出品車」となっているが、スズキの方に尋ねたところ、どうやら市販予定車であるらしい。
全長3,700mm × 全幅1,660mm × 全高1,595mmというサイズは、現行型「スイフト」より150mm短く、35mm幅が狭く、95mm車高が高い。パワートレインは「ソリオ」と(おそらく)共通で、1,242cc直列4気筒デュアルジェット・エンジンと「マイルドハイブリッド」を搭載する。トランスミッションも同じくCVTのみ。前輪駆動と4輪駆動が用意される。
「イグニス」とは初代スイフトが海外で販売されていたときの車名であるから、これがスイフトの後継になるのかとスズキの方に尋ねたところ、この新型イグニスはクロスオーバーということで現行型スイフトとはコンセプトが異なるとのこと。少なくとも、スイフトがこれと入れ替わるというわけではないそうだ。

You may also like...


sponsored link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です