スズキ「新型イグニス」発表;公式デザイン画像集

スズキ・イグニス3

sponsored link


スズキ・イグニス4 スズキ・イグニス5 スズキ・イグニス6

sponsored link


スズキ・イグニス7 スズキ・イグニス8

sponsored link


スズキ・イグニス9 スズキ・イグニス10 スズキ・イグニス11

sponsored link


スズキ・イグニス12 スズキ・イグニス13 スズキ・イグニス14

 

 

スズキ株式会社は、コンパクトカーとSUV(スポーツ用多目的車)を融合させた、新ジャンルのコンパクトクロスオーバー、新型小型乗用車「イグニス」を、2016年2月18日より発売する。
新型「イグニス」は、日常で便利に使えるだけでなく、週末にはアウトドアをはじめとした余暇の行動範囲を広げる「使い勝手の良いスタイリッシュなコンパクトクロスオーバー」をコンセプトとした、多様化するお客様のニーズに応える新ジャンルの小型乗用車である。
運転しやすいコンパクトなボディーサイズと、高めのアイポイントが生む見晴らしの良いパッケージング、余裕のロードクリアランスにより、雪道や荒れた道でも安心して走ることができる走行性能を備えた。
デザインは、線や面などのシンプルな要素を組み合わせながら、強い印象を与える外観に、上質感や新しさを表現した内装を採用し洗練されたスタイリングとした。
全車にマイルドハイブリッドとK12C型デュアルジェット エンジンを搭載し、28.8km/L(HYBRID MG 2WD車)※1の優れた燃費性能と力強い走りを実現。全車エコカー減税※2の対象車とした。また4WD車には、急な下り坂や雪道などでの走行をサポートする機能を採用している。
リヤシートスライドを採用し、使い方に合わせて荷室容量をアレンジできるなど使い勝手を高めたほか、新たにApple CarPlayに対応したメモリーナビゲーション※3など最新の快適装備を採用。デュアルカメラブレーキサポートや、SRSカーテンエアバッグ、フロントシートSRSサイドエアバッグなど安全装備※4も充実させた。
新型「イグニス」は、日本発の新ジャンルのコンパクトクロスオーバーとして、欧州をはじめ海外にも展開する計画である。

You may also like...


sponsored link

1 Response

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です