スズキ「新型ソリオ/ソリオバンディット」仕様変更モデル発表!

sponsored link


sponsored link


sponsored link


sponsored link



 

スズキ、「ソリオ」「ソリオ バンディット」仕様変更。「スズキ セーフティ サポート」の機能を充実

夜間の歩行者を検知する機能を追加した「デュアルカメラブレーキサポート」など追加

 

スズキは、小型乗用車「ソリオ」「ソリオ バンディット」を仕様変更して7月20日に発売する。価格はソリオが145万9080円~217万9440円、ソリオ バンディットが194万4000円~216万8640円。

ソリオ
モデル エンジン 変速機 駆動方式 価格 JC08モード燃費
G 直列4気筒DOHC 1.2リッター CVT 2WD(FF) 1,459,080円 24.8km/L
4WD 1,585,440円 22.0km/L
HYBRID MX 直列4気筒DOHC 1.2リッター+モーター(WA05A) 2WD(FF) 1,703,160円 27.8km/L
4WD 1,829,520円 23.8km/L
HYBRID MZ 2WD(FF) 1,954,800円 27.8km/L
4WD 2,081,160円 23.8km/L
HYBRID SX 直列4気筒DOHC 1.2リッター+モーター(PB05A) 5速AGS 2WD(FF) 2,019,600円 32.0km/L
HYBRID SZ 2,179,440円 32.0km/L
ソリオ バンディット
モデル エンジン 変速機 駆動方式 価格 JC08モード燃費
HYBRID MV 直列4気筒DOHC 1.2リッター+モーター(WA05A) CVT 2WD(FF) 1,944,000円 27.8km/L
4WD 2,070,360円 23.8km/L
HYBRID SV 直列4気筒DOHC 1.2リッター+モーター(PB05A) 5速AGS 2WD(FF) 2,168,640円 32.0km/L

 

今回の仕様変更では、予防安全技術「スズキ セーフティ サポート」の衝突被害軽減ブレーキ「デュアルカメラブレーキサポート」に夜間の歩行者を検知する機能を追加するとともに、「アダプティブクルーズコントロール」「ハイビームアシスト」、後退時の衝突被害軽減ブレーキ「後退時ブレーキサポート」を新しく採用。前後の予防安全性能を高めた。

これらの機能の追加により、経済産業省や国土交通省などが推進する安全運転サポート車のうち、高齢運転者にとくに推奨する「セーフティ・サポートカーS(通称:サポカーS)」の「ワイド」に該当した。

さらに、全方位モニター用カメラに、周囲を立体的に360度確認できる「3Dビュー」と、車両の周辺に人などが近づいてくることを知らせる「左右確認サポート機能」を追加。ソリオ「HYBRID MZ」「HYBRID SZ」と、ソリオ バンディットに「SRSカーテンエアバッグ」を標準装備した。

そのほかにも、4WD車に採用されている助手席シートヒーターを、ソリオ「HYBRID SX」「HYBRID SZ」と、ソリオ バンディット「HYBRID SV」に採用。ソリオ HYBRID MZ、HYBRID SX、HYBRID SZと、ソリオ バンディットにパドルシフトを採用するなど快適性を向上させた。

デザインについては、15インチアルミホイールの意匠や、メーター盤面意匠、シート表皮、ドアトリム表皮の変更などを実施。ソリオではフロントロアグリルメッキに加飾を追加してより上質な印象としたほか、ソリオ バンディットではフロントバンパーやフロントグリルをより存在感のある意匠に変更して、それぞれの個性をより引き立たせた。

ボディカラーは新色の「クラレットレッドメタリック」、新採用の「ラッシュイエローメタリック」を追加して、ソリオでは全9色、ソリオ バンディットではモノトーン8色に加えて、5通りのブラック2トーンルーフも設定した。

https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1130745.html

新車購入検討前に、まずは愛車見積もり!
高額買取の愛車査定は、約30秒の簡単一括査定で!



sponsored link