テスラ「モデルX」発表;公式デザイン画像集!

press03-model-x-front-three-quarter-with-doors-open

sponsored link


press02-model-x-front-three-quarter press04-model-x-rear-three-quarter-with-active-spoiler

sponsored link


press05-model-x-profile-doors-open press06-model-x-rear-three-quarter-with-accessory-carrier

sponsored link


press01-model-x-driving

sponsored link


 

テスラ・モーターズは、新型車「モデルX」の一般販売を米国で開始した。その価格は8万ドル(約982万円)から。もちろんこれは、7,500ドル(約92万円)の連邦税額控除などの割引や、オプションを加える前の基本価格だ。

モデルXには「モデルS」と同じように、「70D」「90D」「P90D」という3つのグレードが用意されている。70Dは70kWhバッテリーを搭載し、航続距離はEPA(米国環境保護庁)の推定値で220マイル(約354km)だ。最高速度は140mph(約225km/h)、0-60mph(約96.6km/h)加速が6秒フラットと発表されている。90Dには、より大型の90kWhバッテリーが搭載され、航続距離は257マイル(約414km)。最高速度は155mph(約249km/h)、0-60mphは4.8秒。パフォーマンス重視のP90Dも同じ90kWhバッテリーだが、航続距離は250マイル(約402km)に落ちる。しかし、0-60mphは3.8秒、「ルーディクラス・モード」(Ludicrous:「馬鹿げた」の意味)なら3.2秒に短縮される。3タイプともデュアルモーターによる全輪駆動システムを標準としており、90DとP90Dには「スマート・エアサスペンション」が装備されている。

標準仕様のインテリアは5人乗りだが、オプションで6人乗り、7人乗りも選択が可能。6座なら3,000ドル(約37万円)、7座は4,000ドル(約49万円)の追加料金が必要だ。オートパイロット・システム(自動運転機能)や、70Dへのスマート・エアサスペンション追加はそれぞれ2,500ドル(約31万円)の上乗せとなる。その他の追加オプションとして、プレミアム・パッケージ(4,500ドル:約55万円)、プレミアム・サウンド・システム(2,500ドル:約31万円)、寒冷地仕様(1,000ドル:約12万円)、けん引車仕様(750ドル:約9万円)が用意されている。

トップ・グレードのP90Dは、2016年前半に納車が始まる予定。それに続き、90Dは2016年中頃、70Dが後半に購入者のもとへ届くだろう。なお、日本では公式サイトでも現在、90DとP90Dの予約を受付中。新規予約分の納車は2016年後半になるそうだ。(autoblog

You may also like...


sponsored link