トヨタ「新型カローラハッチバック」初公開!日本でも今夏発売へ!


トヨタ「新型カローラハッチバック」は欧州オーリス。日本ではカローラスポーツとして今夏発売へ!

sponsored link


sponsored link


sponsored link


sponsored link







 

TOYOTA、ニューヨーク国際自動車ショーで新型「カローラハッチバック」を初披露
-日本でも初夏からトヨタカローラ店を通じて販売開始-

TOYOTAは、3月30日から4月8日まで開催されるニューヨーク国際自動車ショーにおいて、新型「カローラハッチバック」(米国車名・米国仕様)を初披露します。米国では「カローラiM」の後継モデルとして、2018年夏に「カローラハッチバック」として発売します。なお日本では、2018年初夏からトヨタカローラ店を通じ、販売を開始する予定です。

カローラは、1966年の日本での発売以降、50年以上にわたり進化を続け、世界で累計4,500万台以上を販売した「グローバルベストセラーカー」となりました。現在も、トヨタの世界戦略車として、セダン・ハッチバック・ワゴンの各車型あわせて、グローバルで年間120万台以上を販売しています。

新型カローラハッチバックのエクステリアでは、スポーティさに磨きをかけるとともに、たくましさ・力強さを付与し、インテリアでは、シンプルかつ上質なデザインの実現に取り組みました。走行性能については、トヨタが進めるクルマづくりの構造改革「Toyota New Global Architecture」(TNGA)のもとで開発したプラットフォームや新型パワートレーン(2.0L Dynamic Force Engine、Direct Shift-CVT、6速MT)により、走りの基本性能や環境性能を大幅に向上させています。

https://newsroom.toyota.co.jp/jp/toyota/21698632.html

sponsored link

新車購入検討前に、まずは愛車見積もり!
高額買取の愛車査定は、約30秒の簡単一括査定で!



sponsored link