トヨタ「カローラ」50周年記念限定モデル;公式デザイン画像集!

20160711_01_05_s

sponsored link


20160711_01_09_s 20160711_01_07_s

sponsored link


20160711_01_08_s 20160711_01_06_s

sponsored link


%e3%83%88%e3%83%a8%e3%82%bf-%e3%82%ab%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%a9-%e3%82%a2%e3%82%af%e3%82%b7%e3%82%aa-%e4%be%a1%e6%a0%bc%e3%83%bb%e3%82%b0%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%89-%e7%89%b9%e5%88%a5%e4%bb%95 color_img_white color_img_black

sponsored link


 

20160711_01_01_s 20160711_01_02_s



20160711_01_03_s 20160711_01_04_s



 

 

TOYOTA、カローラの生誕50年記念特別仕様車を発売

-限定500台に、初代カローラの赤シートと花冠エンブレムを復刻-

TOYOTAは、カローラアクシオに生誕50年を記念し特別仕様車 HYBRID G“50 Limited(ゴーマル リミテッド)”を設定し、全国のトヨタカローラ店を通じて、9月1日より500台限定で発売する。
カローラは、「人目をひく、美しいスタイルのハイ・コンパクトカー」をイメージして「カローラ(ラテン語で花の冠の意)」と命名され、1966年に誕生。以来、時代とともにさまざまな進化を遂げながら今年で50年を迎える。
初代カローラは、クルマのあらゆる面で80点以上を実現すべきであるという「80点主義+α(アルファ)」の発想のもと、開発された。その「+α」として、クルマの走りのイメージを体現させることをねらいに、「赤色」の内装を組み合わせ、「スポーティさ」を追求した。また、カローラの車名の由来でもある「花の冠」をモチーフにしたエンブレムは、発売当時はカローラの象徴としてデザインされた。
今回の特別仕様車はカローラアクシオ「HYBRID G」をベースとし、この初代カローラの特徴である赤の内装シートと花冠エンブレムを復刻することで、50年の歴史を今に再現したクルマとしている。

メーカー希望小売価格
(北海道、沖縄のみ価格が異なる。単位 : 円)
ハイブリッドシステム 駆動 価格(消費税込み)
カローラアクシオ 特別仕様車
HYBRID G “50 Limited”
リダクション機構付のTHSⅡ
(1NZ-FXE 1.5L)
2WD(FF) 2,400,000

You may also like...


sponsored link