トヨタ「新型Concept-愛i」人工知能搭載の未来モビリティ発表;公式デザイン画像集!

sponsored link


sponsored link


sponsored link


sponsored link








sponsored link


sponsored link


 

TOYOTA、未来のモビリティを具体化したコンセプトカー
「TOYOTA Concept-愛i」をCESで公開

-人工知能により人を理解し、ともに成長するパートナーを目指す-

  • 人工知能により人を理解し、ともに成長するパートナーとして、人とクルマの新たな関係を創造
  • 感情認識や嗜好性蓄積といった「人を理解する」技術を、自動運転やエージェント技術と組み合わせることで、ドライバーに対し安全・安心と移動の楽しさを充実させる新たな体験を提供
  • 米デザイン拠点Caltyによる、車体外装にまでインパネ意匠が連続するシームレスなスタイリング
  • 一部機能を搭載した車両で、日本での公道実証実験を数年内に開始予定

TOYOTAは、2017年1月5日(木)~8日(日)に米国ネバダ州ラスベガスで開催する2017 International CESにおいて、人工知能技術を搭載することで人とクルマがパートナーの関係となる、モビリティ社会の未来像を具現化したコンセプトカー「TOYOTA Concept-愛i(コンセプト・アイ)」を出展する。

TOYOTA Concept-愛i
Concept-愛iでは、クルマは“愛”がつく工業製品であるというトヨタ自動車(株)が大切にしている想いのもと、クルマが人に働きかけることで始まる、新たな体験を提供する。クルマがドライバーのその時々の感情や想いを理解し、これまでの嗜好を蓄積することで、ドライバーのことをより理解し、常に支え続けるかけがえのないパートナーとなること目指す。Concept-愛iは、今後数年内に公道実証実験を計画しており、今回の出展内容の一部を搭載した実験車両が日本の都市を走行する予定。

sponsored link


 

TOYOTA Concept-愛i 主要諸元
全長/全幅/全高 (mm) 4,430/1,830/1,475
ホイールベース (mm) 2,700
乗車定員 (人) 4
パワートレーン ゼロエミッションのパワートレーンを想定

You may also like...


sponsored link