TOYOTA「Concept-愛i WALK」発表;トヨタ版セグウェイ!

sponsored link


sponsored link


sponsored link


sponsored link


 

TOYOTAは、人工知能を搭載することで人を理解し、人とクルマがパートナーの関係となる、モビリティ社会の未来像を具現化したコンセプトカー「TOYOTA Concept-愛i(コンセプト・アイ)」シリーズの概要を公表した。
本年1月の2017 International CESに出展した四輪モデルの「TOYOTA Concept-愛i」に加え、ユニバーサルな小型モビリティと歩行領域のモビリティを「TOYOTA Concept-愛i」シリーズとして新たに追加し、10月25日(水)から11月5日(日)までの12日間*1、東京ビッグサイト(東京都江東区)で「世界を、ここから動かそう。BEYOND THE MOTOR」をテーマに開催される第45回東京モーターショー2017に出展する。

TOYOTA Concept-愛i WALK
  • 歩行空間に馴染むコンパクトなサイズと自動走行機能により、「安全・安心」に行動範囲を広げることができるモビリティ
  • 3輪・ホイールベース可変機構・ステア操舵による簡単操作および低床フロアにより、服装、履物を選ばず、気軽に使用可能
  • 観光地等でのシェアリングサービスなどの活用も想定し、外出先での移動をサポートする
主な特徴
歩行空間に馴染むパッケージで歩道を安全に走行

 全長を人の歩幅以下、全幅を人の肩幅以下におさえ、その場での回転が可能。歩行時に人が占有する面積と同等のコンパクトなパッケージとし、歩行者と同じ空間を走行できる。また、ハンドル部のセンサーやエージェントとの会話からドライバーを理解し、状況に応じてドライバーを安全な状態に導く。走行時に危険を察知した場合、ドライバーに能動的に警告し、自動で回避する。さらに、3輪かつ速度に応じたホイールベース可変機構を採用し、停止時および走行時の安定性を確保した。

誰にでも優しい操作性

 ステア操舵機能を採用することで、体重移動による操作を不要とし、誰でも簡単に操作ができるような仕様とした。また、大幅な低床化により、高齢者やスカートを着用した女性など、年齢や性別、服装の制約を受けず乗降・走行できるモビリティを実現した。

 「TOYOTA Concept-愛i WALK」も、「人を理解する」エージェントがシリーズのモビリティを行き来するという特性を活かしたシェアリングサービスを想定。外出先や観光地での散策での活用など、他の交通機関と連携し、近距離移動の一環として使用できるモビリティを目指している。

TOYOTA Concept-愛i WALK主要諸元
全長/全幅/全高(ステップ高) (mm) 500-700/400/1,130(140)
回転半径 (mm) 全長未満
パワートレーン EV
EV航続距離 10-20km程度
sponsored link



sponsored link