トヨタ 新型燃料電池車「FCV PLUS」発表;デザイン画像集@東京モーターショー2015

TOYOTA_FCV_PLUS_001

sponsored link


TOYOTA_FCV_PLUS_002TOYOTA_FCV_PLUS_003

sponsored link


TOYOTA_FCV_PLUS_004TOYOTA_FCV_PLUS_005

sponsored link


TOYOTA_FCV_PLUS_006TOYOTA_FCV_PLUS_007

sponsored link


 

「TOYOTA FCV PLUS」(世界初出展)

水素エネルギーが普及したサステイナブルな社会。そこでは、様々な一次エネルギーからクリーンに水素が生成され、エネルギーの地産地消が広がる。燃料電池自動車(FCV)は、単に移動するためにエネルギーを消費するだけではなく、社会に分散する電源ともなる新たな役割を担う。エコカーからエネカーへ、もっとクルマが愛される存在になる将来の燃料電池自動車コンセプト
  • 水素から電気をつくる
    搭載された水素タンクに加え、地域で生成され蓄えられた車外の水素からも直接発電が可能。自宅や移動先でも安定した電力の供給源へと変身
  • つくった電気を社会にあげる
    駐車中など移動手段として利用していない時、発電機能を社会と共有。社会インフラの一部として、地域社会に貢献
  • 発電を未来につづける
    クルマとしての機能の枠を超えてFCスタックを発電装置として再利用。様々な地域で多様に活用され、地域社会に貢献
FCスタックはフロントタイヤ間に、水素タンクはリアシート後方に搭載。4輪インホイールモーターの採用もあいまって、コンパクトなボディサイズに広い室内空間を実現。機能部品を車両の前後に集約する次世代FCVパッケージにより、最適な重量バランスと広大な視界を創出
エクステリアは空気の整流効果を考えた特徴的な形状とし、インテリアには軽さと剛性を両立する三次元立体骨格構造を採用することで、先進性と優れた環境性能をイメージさせるデザインを追求

You may also like...


sponsored link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です