トヨタ「新型プリウス」発表:コネクティッドカー進化&デザイン一新!













 

TOYOTA、プリウスをマイナーチェンジ
-スタイルを一新するとともに、コネクティッドカーへと進化-

TOYOTAは、プリウスをマイナーチェンジし、全国のトヨタ店、トヨペット店、トヨタカローラ店、ネッツ店を通じて12月17日に発売しました。

今回のマイナーチェンジでは、プリウスの特徴である先進的なイメージを継承しつつ、親しみやすく、より知的で洗練された内外装デザインに変更しました。“ツーリングセレクション”にはブラックの幾何学調ルーフフィルムをオプション設定し、外板色との組み合わせをお楽しみいただけます。また、専用通信機DCM*1を全車に標準搭載し、コネクティッドカーへと進化を遂げました。クルマが人や社会と通信でつながることで、24時間365日、カーライフを充実させる様々なサービスをご利用いただくことができます。そして、安全面では、衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense」を全車に標準装備したほか、駐車場から後退する際に、左右後方から接近してくる車両を検知し、注意を促すリヤクロストラフィックアラート*2を新たに設定するなど、安全・安心装備の拡充を図っています。
あわせて、ウェルキャブ(メーカー完成特装車)においても、ベース車と同様の改良を施しています。

主なポイント

  1. 先進的で洗練された内外装デザイン
  • 外観はグリルやバンパー、ランプ類などの意匠を変更し、踏ん張り感のあるシルエットを実現しました
  • 17インチアルミホイールは、樹脂加飾部にチタン調の塗装を採用。15インチアルミホイールはツインスポーク形状を採用し、奥行き感のあるスタイリッシュなデザインとしています
  • 室内はインストルメントパネルやフロントコンソールトレイなどにブラック加飾を採用し、上質感のある落ち着いたデザインとしました
  • 外板色には鮮やかなブルーメタリックとエモーショナルレッドⅡを新たに加え、全9色を設定しています
  • “ツーリングセレクション”には、外板色とブラックの幾何学調ルーフフィルムをあしらったカラーリングを採用し、スポーティかつプレミアムな印象を高めました
  1. コネクティッドサービス
  • すべてのお客様にコネクティッドサービス*3を体感いただけるよう、専用通信機DCMを全車に標準搭載し、T-Connect*4サービスを3年間無料で提供します
  • 専任のオペレーターに24時間365日、口頭で目的地設定や情報検索を依頼できるオペレーターサービス*5や、トヨタスマートセンターで収集するリアルタイムな交通情報や地図データなどをもとに、より最適なルートを探索し、ナビゲーション車載機に配信するハイブリッドナビ*6機能など、カーライフを快適にするサービスを提供しています
  • スマートフォンアプリLINEにマイカーを“友達”として追加設定することで、ナビゲーションの目的地登録や航続可能距離の確認などができるLINEマイカーアカウント*7を設定しました
  1. 安全機能を強化
  • 昼間の歩行者も検知対象とするプリクラッシュセーフティ(ミリ波レーダー+単眼カメラ方式)をはじめ、車線を逸脱しそうな際にステアリング操作をアシストするレーンディパーチャーアラートや、全車速に応じて追従走行を支援するレーダークルーズコントロール、夜間の見やすさをサポートするオートマチックハイビームをセットにした衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense」を全車に標準装備しました
  • 駐車場などから後退する際に、左右後方から接近してくる車両を検知し、ドアミラー内のインジケーターの点滅とブザーにより、注意を喚起するリヤクロストラフィックアラートをオプション設定*2しています
  1. 便利・快適機能を拡充
  • フロントコンソールトレイ内に設置された“おくだけ充電(ワイヤレス充電)*8”のスペースを拡大し、大型スマートフォンにも対応しました
  • 背もたれ面と座面からシート表皮の熱気や、エアコンの冷風を吸い込むことで冷涼感をもたらす吸い込み方式のシートベンチレーション*9を前席に採用し、快適性を高めました
*1
DCM
Data Communication Module
*2 Aプレミアム“ツーリングセレクション”、「Aプレミアム」、A“ツーリングセレクション”、「A」にT-Connect SDナビゲーションシステムとセットまたは、ナビレディセットとセットでオプション設定
*3 トヨタスマートセンターと通信でつながり、ドライバー1人ひとりに寄り添ったカーライフを充実させるサービス
*4 T-Connectは、快適なドライブを支援する多彩なサービス

ヘルプネット
突然の事故や急病時に専門オペレーターが警察や消防に取り次ぎ、迅速に緊急車両を手配
マップオンデマンド
通信により新しい地図情報を更新し、3年間無料で利用できる(最長5年間無料)など
詳しくはT-Connectサイトをご覧ください(http://toyota.jp/tconnectservice/
*5 メーカーオプションのT-Connect SDナビまたは、販売店装着オプションのT-Connectナビが必要
*6 販売店装着オプションのT-Connectナビが必要。通信圏外などの場合には、自動的に車載機での処理に切り替えて対応。利用にはT-Connect契約とマップオンデマンドの有効期限内であることが必要
*7 メーカーオプションのT-Connect SDナビまたは、販売店装着オプションのT-Connectナビの装着およびナビ画面での操作が必要
*8 Aプレミアム“ツーリングセレクション”、「Aプレミアム」、A“ツーリングセレクション”、「A」にオプション設定
*9 Aプレミアム”ツーリングセレクション”、「Aプレミアム」に標準装備

販売概要

  1. 販売店
    全国のトヨタ店、トヨペット店、トヨタカローラ店、ネッツ店
  2. 月販目標台数
    6,600台
  3. 店頭発表会
    2019年1月19日(土)・20日(日)

生産工場

トヨタ自動車(株) 堤工場

メーカー希望小売価格

(単位 : 円)
ハイブリッド
システム
駆動 価格*10
(消費税込み)
E リダクション
機構付のTHSⅡ
(2ZR-FXE 1.8L)
2WD(FF) 2,518,560
S 2WD(FF) 2,565,000
E-Four 2,759,400
“ツーリングセレクション” 2WD(FF) 2,732,400
E-Four 2,926,800
A 2WD(FF) 2,842,560
E-Four 3,036,960
“ツーリングセレクション” 2WD(FF) 3,006,720
E-Four 3,201,120
Aプレミアム 2WD(FF) 3,175,200
E-Four 3,369,600
“ツーリングセレクション” 2WD(FF) 3,284,280
E-Four 3,478,680
◎ : 掲載写真(除くオプション)

ウェルキャブ メーカー希望小売価格

(単位 : 円)
ベースグレード ハイブリッド
システム
駆動 価格*10
(消費税は非課税)
助手席回転
チルトシート車
“Aタイプ”
S リダクション
機構付のTHSⅡ
(2ZR-FXE 1.8L)
2WD(FF) 2,734,560*11
E-Four 2,928,960*11
A 2WD(FF) 3,012,120*11
E-Four 3,206,520*11
助手席回転
チルトシート車
“Bタイプ”
S 2WD(FF) 2,606,000
E-Four 2,786,000
A 2WD(FF) 2,863,000
E-Four 3,043,000
フレンドマチック
取付用専用車
“タイプⅠ”
S リダクション
機構付のTHSⅡ
(2ZR-FXE 1.8L)
2WD(FF) 2,629,800*11*12
E-Four 2,824,200*11*12
A 2WD(FF) 2,907,360*11*12
E-Four 3,101,760*11*12
フレンドマチック
取付用専用車
“タイプⅡ”
S 2WD(FF) 2,769,000
E-Four 2,949,000
A 2WD(FF) 2,996,000
E-Four 3,176,000
フレンドマチック
取付用専用車
“タイプⅢ”
S 2WD(FF) 2,960,000
E-Four 3,140,000
A 2WD(FF) 3,217,000
E-Four 3,397,000
フレンドマチック
取付用専用車
“タイプⅣ”
S 2WD(FF) 3,291,000
E-Four 3,471,000
A 2WD(FF) 3,518,000
E-Four 3,698,000
THSⅡ
TOYOTA Hybrid System Ⅱ
*10 北海道、沖縄のみ価格が異なる。価格にはリサイクル料金は含まれない
*11 助手席回転チルトシート車“Aタイプ”、フレンドマチック取付用専用車“タイプⅠ”は、消費税込みの価格
*12 フレンドマチック取付用専用車“タイプⅠ”は、車両購入時に運転補助装置を装着した場合のみ消費税は非課税
プリウス 車両情報はこちら
https://toyota.jp/prius/

 

あわせて読みたい