トヨタ「新型スープラTRD」専用GRパーツを発売開始!





 

TRD、新型「スープラ」向けにリアルカーボンのエアロパーツや鍛造アルミホイール

TRDの持つノウハウが惜しみなく注がれたハイパフォーマンスパーツ

TRD(トヨタカスタマイジング&ディベロップメント)は5月17日、トヨタ自動車の新型「スープラ」用エアロパーツやホイールなどGRパーツを発売した。価格は16万円~64万円(税別)。

今回発売されるのはTRDがこれまでに培ってきた開発・解析おけるノウハウが惜しみなく注がれたハイパフォーマンスパーツ。エアロダイナミクスにこだわり、ドライバーの意の向くままに走る喜びを五感で感じることのできるエアロパーツとアルミホイールだという。

エアロパーツは、リアルカーボンを採用することで軽量化を図り、高級感と存在感をさらに際立たせるデザインとしている。

地上高が標準より約14mmダウンするという「GRフロントスポイラー」(税別32万円)は、3ピース構造を採用し、標準のデザインを踏襲しつつ左右のフィンサイズを大型化することで、ダウンフォースを増加させて高速走行時のリフトアップを低減させる。

http://www.trdparts.jp/supra/grparts.html


 

あわせて読みたい