トヨタ「WRC」復帰2戦目で優勝;ラリー・スウェーデン

sponsored link


sponsored link


sponsored link


sponsored link








 

トヨタ、WRC復帰2戦目で優勝 スウェーデン・ラリー

自動車の世界ラリー選手権(WRC)第2戦、スウェーデン・ラリーは12日、トルスビューなどで最終日が行われ、トヨタ・ヤリスWRCのヤリマッティ・ラトバラ(フィンランド)が通算2時間36分3秒6で優勝し、18年ぶりでWRCに戻ったトヨタに2戦目で復帰後初勝利をもたらした。

トヨタにとっては、1999年の中国ラリーでディディエ・オリオール(フランス)が勝って以来の優勝で、WRC通算44勝目となった。

雪と氷に覆われたコースで行われ、開幕戦2位のラトバラは首位で迎えた最終日にトップを守り、WRC通算17勝目を挙げた。2位はオット・タナク(エストニア)、3位はセバスチャン・オジェ(フランス)のフォード勢だった。(時事)

sponsored link



sponsored link