トヨタ「新型ヤリス(ヴィッツ) 2016」デザイン画像集

hss-storage-midas-a6d0bac90911d0fcbe8a890ebf4f06ef-202548509-1

sponsored link


hss-storage-midas-e26f12845527e2965d91b9f555548a68-202548505-1 yarissyle2016-01-1 hss-storage-midas-3703c516c756277ae36a4fb4276a4fd5-202548504-1

sponsored link


yarisbitone2016-08-1 yarisbitone2016-05-1 yarisbitone2016-04-1 yarisbitone2016-13-1

sponsored link


yarisbitone2016-17-1 yarisbitone2016-06-1 yarisbitone2016-07-1

sponsored link


yarisstyle2016-20-1 yarisbitone2016-21-1

 

トヨタ自動車の欧州法人、トヨタモーターヨーロッパは8月28日、欧州仕様の『ヤリス』(日本名:『ヴィッツ』)の2016年モデルを発表した。実車は9月15日、ドイツで開幕するフランクフルトモーターショー15で初公開される。
2016年モデルでは、グレード体系の変更や新ボディカラーの設定などの改良を実施。欧州主要国に、2016年1月から投入される。
グレード関連では、従来ガソリンとディーゼルに用意されていた「スタイル」を、ハイブリッドに拡大展開。グリルはメッシュのブラック塗装。フォグランプの周囲などは、サテンクローム仕上げとなる。室内は、ブラックのシートに、ピアノブラックのトリムパネルを組み合わせた。
また、2016年モデルでは、スタイルグレード全車に「バイ-トーン」と呼ばれるツートンカラーをオプション設定。基本のボディカラーは、パールホワイト、プラチナブロンズ、バルセロナレッドの3色。ルーフやピラー、ドアミラー、フロントフェンダー上部、ボンネットの両端が、ブラックとなる。欧州で販売されるエントリーモデル『アイゴ』との共通性も感じられるデザインとした。
室内は、ブラック、ウォームグレー、ソフトグラデーショングレーの3色が選択可能。ヘッドライナーは、ブラック仕上げとした。

You may also like...


sponsored link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です