UD「新型クオン」公式デザイン画像集!

sponsored link


sponsored link


sponsored link


sponsored link




新型「クオン」 5つの基本性能の進化

運転性能(より使いやすく、よりスムーズに):
人間工学に基づいて操作性や視認性を根本から見直し、ドライバーの使い心地を追求してコックピットを刷新。電子制御式オートマチックトランスミッション「エスコット・シックス」は、シンプルで使いやすいストレート式のシフトパターンを採用するなど比類ない操作性がさらに進化するとともに、雪道や泥濘地での脱出性も向上しました。また、全車に設定したディスクブレーキは、素早く滑らかに応答し、優れた制動力を発揮します。これら装備により新型「クオン」は、すべてのドライバーに快適かつ運転に集中できる運転環境を提供します。

燃費・環境性能 (よりクリーンに、より力強く):
省燃費・パワフル・クリーンを実現する排気量11リッター「GH11エンジン」は、平成28年排出ガス規制に適合するとともに、全車平成27年度重量車燃費基準+5%を達成。低回転域から幅広い回転域で力強いトルクを発生させ、ゆとりある走りを実現します。さらに「エスコット・シックス」のGPSを駆使した先読み機能「フォアトラック」と、省燃費運転アドバイス機能「燃費コーチ」により省燃費運転をサポートします。

安全性(より安全に、より頼もしく):
ミリ波レーダーに加え、キャブ内に設置されたカメラで前方を二重監視するトラフィックアイブレーキ(衝突被害軽減ブレーキ)や、ドライバーアラートサポート(ふらつき注意喚起装置)をはじめ先進のドライバーサポートシステムを搭載。また放熱性が高く、耐フェード性にも優れたディスクブレーキを採用しました。数々の先進システムを組み合わせることで、ベーシックセーフティ(運転時の疲労軽減に貢献し、安全運行を支援)・アクティブセーフティ(危険を予測し、ドライバーをサポート)・パッシブセーフティ(被害を最小限に抑える)の3つの観点から安全性能を強化しました。

生産性(より多く、より効率的に):
車両全体の軽量化のために各部品の徹底的な見直しを行い、車種によっては200KGの積載性の向上を実現。また荷役性の向上や架装効率、微速後退によるプラットフォームつけのスムーズさも徹底的に追求しました。さらに、「パーフェクトクオン」ではドライウイングのバリエーションを拡大した他、直結冷蔵ウイングを設定。お客様のビジネスに生産性の高い車両を提供します。

稼働率(より長く、より安心に):
新型「クオン」は車両の信頼性と耐久性にさらに磨きをかけています。また定期交換部品の削減や純正部品のロングインターバル化など、メンテナンス性も追求しています。くわえて、「UD純正整備」、整備契約「UD-TRUST」、最新のテレマティクスサービス「UDインフォメーションサービス」などを含む包括的な「UDエクストラマイルサポート」を提供することにより、お客様の車両を最良の状態で維持し、稼働率を最大限高めます。

sponsored link



sponsored link