「Vision Mercedes-Maybach 6 Cabriolet」はメルセデスの未来?公式デザイン画像集!

sponsored link


sponsored link


sponsored link


sponsored link






コンセプトカー「ビジョン メルセデス・マイバッハ6カブリオレ」登場

独ダイムラーは2017年8月18日、米国カリフォルニア州モントレーでのヒストリックカーイベント「ペブルビーチ・コンクール・デレガンス」の開催に合わせ、コンセプトモデル「ビジョン メルセデス・マイバッハ6カブリオレ」を発表した。

コンセプトカー「ビジョン メルセデス・マイバッハ6カブリオレ」登場の画像拡大ラグジュアリーなオープンのEVビジョン メルセデス・マイバッハ6カブリオレは、官能的なデザインと革新的な技術を併せ持つとされるデザインスタディーモデル。ファブリックのルーフが備わるオープンカーで、乗車定員は2人となっている。

ボディーサイズは全長×全幅×全高=5700×2100×1340mm。長大なボンネットと、後方に向かってなだらかに下がる流麗なシルエット、ピンストライプのスーツに着想を得たというフロントグリルや水平基調のリアランプが特徴で、足元にはセンターロック式の24インチアルミホイールが装着される。

インテリアは、クリスタルホワイトのナッパレザー仕立て。シートの座面からドアの内張り、ダッシュボードまでがひとつながりになった、個性的なデザインが採用されている。インフォテインメントシステムは、音声を通してのコンシェルジュ機能で対応可能。最新の生体センターの採用により、パッセンジャーの心身の状態までモニタリングされる。

ビジョン メルセデス・マイバッハ6カブリオレは、4WDのEVとしてデザインされている。最高出力は550kW(748ps)。0-100km/hの加速タイムは4秒以下で、最高速度は250km/hと公表される。バッテリーは床下に搭載されており、欧州複合モードで500km以上の走行が可能。チャージシステムはCCS(Combined Charging System)規格によるもので、5分間で航続距離100km分の電力を補給することができるという。

http://www.webcg.net/articles/-/36933

sponsored link



sponsored link