フォルクスワーゲン「新型 Golf GTI TCR 2019」公式デザイン画像集!







フォルクスワーゲンは1月16日、『ゴルフGTI TCR』(Volkswagen Golf GTI TCR)の受注を欧州で開始すると発表した。ドイツ本国でのベース価格は、3万8950ユーロ(約483万円)と公表されている。

ゴルフGTI TCRは、2018年から開始されたFIA・WTCR(ワールド・ツーリング・カー・カップ)に参戦する同名のレーシングカー、ゴルフGTI TCRの公道バージョンに位置付けられる1台だ。『ゴルフGTI』をベースに、史上最速のゴルフGTIを目指して開発された。

ゴルフGTI TCRでは、直噴2.0リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンが、最大出力を290ps/5000~6800rpm、最大トルクを37.7kgm/1600~4300rpmまで引き上げた。トランスミッションは7速DSGを組み合わせる。0~100km/h加速は5.6秒。最高速は250km/h(リミッター作動)だが、オプションでリミッターが解除でき、この時の最高速は260km/hに到達する。

内外装は、スポーティさを強調したデザインだ。フロントリップスポイラー、TCRルーフスポイラー、ディフューザー、18インチホイール、スポーツシート、専用スポーツステアリングホイールなどが装備される。足回りは、フロントアクスルディファレンシャルロック、穴開きブレーキディスクを組み込むなどして、強化されている。

This is the Volkswagen Golf GTI TCR. It’s a run-out special for the mk7 Golf GTI, and is basically the TCR concept from last year’s Worthersee show made real. In fact, it looks like they’ve merely Tipp-Exed the word ‘concept’ from its number plate.

While VW describes it as “a Golf with the genes of a racecar”, the truth isn’t quite so simple. While the TCR name comes from the touring car series VW competes in, the car itself comes exclusively with a DSG automatic gearbox and has frivolities like TFT instruments and ‘TCR’ puddle lighting as standard. There’s even a front assist safety system, which will surely implode with anger if you take the touring car name too seriously and attempt contact-sport gaps when following cars into corners.

The stats are promising, though. Its 2.0-litre turbo engine produces 286bhp – 44bhp more than the next Golf GTI down – while at 5.6secs, it’ll complete 0-62mph quicker than any front-wheel-drive Golf before it. Yep, stripped-out, track-ready GTI Clubsport S included, though the TCR can probably thank its slick-shifting DSG for that.

 

あわせて読みたい