フォルクスワーゲン「新型シャラン 2016」デザイン画像集

Volkswagen Sharan 2016 01

sponsored link


sponsored link


Volkswagen Sharan 2016 02 Volkswagen Sharan 2016 03

sponsored link


Volkswagen Sharan 2016 04 Volkswagen Sharan 2016 05

sponsored link


Volkswagen Sharan 2016 06 Volkswagen Sharan 2016 07

Volkswagen Sharan 2016 08

 

欧州の自動車最大手、フォルクスワーゲンは3月3日、スイスで開幕したジュネーブモーターショー15において、『シャラン』の改良新型モデルを初公開した。
シャランは、フォルクスワーゲンの最上級ミニバン。現行型は2世代目で2010年春、ジュネーブモーターショー10で発表された。日本市場には、2011年から導入。今回、現行型のデビューから5年を経て、初の本格改良を受けた。
外観は、テールドライトをLED化。アルミホイールも新デザイン。内装は、素材を見直し、質感を向上。ダッシュボード中央には、2世代目となる車載インフォテイメントシステムを装着。このインフォテインメントは、アップル社の「Car Play」対応となる。
欧州仕様のエンジンは、ガソリンとディーゼルの複数ユニット。全て、新開発エンジンに置き換えられた。直噴ガソリンターボ「TSI」の2.0リットル版は、最大出力を20ps引き上げ、220psを獲得。また、従来比で燃費を最大15%向上させ、全エンジンの排出ガス性能が、ユーロ6を満たす。
安全面も進化。自動ブレーキの最新版をはじめ、レーンアシスト、アダプティブ・クルーズ・コントロール、3世代目のパークアシスト、ブラインドスポットモニターなどが用意された。
ジュネーブモーターショー15のプレスカンファレンスでは、フォルクスワーゲンは改良新型シャランの競合車に対する優位性をアピール。同社は、「新しいシャランには、多くのアシスタンスシステムと、幅広いインフォテインメントシステムを採用した。シャランはセグメントにおいて、最も前衛的なモデルのひとつ」と強調している。(response)

You may also like...


sponsored link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です