フォルクスワーゲン「新型ティグアン 2017」デザイン画像集

Volkswagen Tiguan (2017)1

sponsored link


Volkswagen Tiguan (2017)2 Volkswagen Tiguan (2017)3

sponsored link


Volkswagen Tiguan (2017)4 Volkswagen Tiguan (2017)5

sponsored link


Volkswagen Tiguan (2017)6 Volkswagen Tiguan (2017)7

sponsored link


 
フォルクスワーゲンは、クロスオーバーモデル「ティグアン」の新型を本国で発売した。2015年9月のフランクフルトモーターショーで初披露された2代目ティグアンは、7代目ゴルフなどと同じ新世代プラットフォーム「MQB」を採用して登場。エンジンやAWDシステムも新しくなった。
ティグアンは、2007年にフォルクスワーゲン初の本格コンパクトSUVとして登場し、これまでに累計280万台以上が出荷されている。2代目となる新型は、成功した初代のコンセプトを受け継ぎながら、各部がリファインされた。
パワートレインは、2リッターガソリン直噴エンジン「2.0TSI」(180ps)にデュアルクラッチ トランスミッション(DSG)とAWDシステム(4MOTION)を組み合わせた仕様や、2リッター直噴ディーゼルエンジン「2.0TDI」(150ps)にマニュアルトランスミッションを組み合わせたFFモデル、同エンジンにDSGを組み合わせた4WDモデルなどが設定される。また、外観デザインについても、スポーティな「R-Line」とオフロードバージョンが設定される。
新採用のAWDシステム「4MOTIONアクティブコントロール」は、ドライブモードを「オンロード」「オフロード」「スノー」「オフロード インディビジュアル」の4つから選択でき、モードに応じてパワートレインなどの設定が最適化される仕組みとなっている。
室内は、リアシートが180mmのスライド量を持ち、アレンジ性が広がっているほか、ラゲッジルーム容量が最大145リッター拡大するなど利便性が向上している。
車両価格は本国では3万0025ユーロ(約384万円/1ユーロ=128円換算)から設定される。
(response)

You may also like...


sponsored link