VW「新型cross up!」300台限定で日本発売のSUVテイスト!

sponsored link


sponsored link


sponsored link


sponsored link




 

フォルクスワーゲン クロスオーバータイプの「up!」限定車 「cross up!」が登場
beats サウンドシステムやインフォテイメントパッケージを標準装備

フォルクスワーゲン グループ ジャパン 株式会社(代表取締役:ティル シェア、本社:愛知県豊橋市、略称:VGJ)は、人気のスモールカー「up!(アップ!)」に、専用パーツを採用し、SUV ルックに仕立てたクロスオーバータイプの限定車「cross up!(クロスアップ!)」を本日から全国のフォルクスワーゲン正規ディーラーで販売します。販売台数は 300 台、全国希望小売価格(税込)は¥2,079,000 です。
「cross up!」は、「high up!」をベースに、専用フロント&リヤバンパー、ルーフレールに加え、「up!」では最も大きな16インチの専用アルミホイールを採用。全長が15mm、最低地上高も10mm上昇したことで、クロスシリーズ特有のSUVルックを際立たせた、アクティブな「up!」に仕上がっています。ダッシュパッドやルーフライナー、ドアトリムやシートカラーなどはスポーティーなブラックで統一し、ドアシルプレートやオレンジにライティングされるアンビエントライトなどが特別感を与えます。さらに、力強い重低音と澄み渡る高音域が好評なプレミアムサウンドシステム“beats sound system”を採用したことで、こだわりのあるオーディオをお楽しみいただける他、Volkswagen 純正インフォテイメントシステム“Composition Phone”やスマートフォンホルダーなどのインフォテイメントパッケージに加え、フルオートエアコン、シートヒーターなどの上級装備も標準設定となったことで、快適性や使い勝手を向上させました。

sponsored link



sponsored link