VW「新型ポロ」日本国内での受注を開始;公式デザイン画像集!


フォルクスワーゲンは、コンパクトカー「Polo(ポロ)」を8年ぶりに刷新し、日本国内での先行受注を開始!

sponsored link


sponsored link


sponsored link


sponsored link



 

フォルクスワーゲン グループ ジャパン 株式会社(代表取締役社長:ティル シェア、本社:愛知県豊橋市、略称:VGJ)は、人気のコンパクトカー「Polo(ポロ)」を約 8 年ぶりに刷新し、本日より全国のフォルクスワーゲン正規ディーラーで先行受注を開始します。販売開始は 3 月中旬を予定しています。
昨年欧州で発表された新型「Polo」は、フォルクスワーゲンの生産モジュール戦略「MQB」を採用したこのクラスでは初となるモデルです。エッジの効いたシャープなサイドシルエットと安定感のあるワイド&ローのプロポーションを実現し、よりスポーティで洗練された最新のフォルクスワーゲンデ ザ イ ン に 刷 新 し て い ま す 。 現 行 モ デ ル と 比 べ て 、 ホ イ ー ル ベ ー ス が 8 0 m m 、全幅は 65mm 拡大したことで、より広い室内空間を実現。とくに後席の快適性を向上させるとともに、ラ ゲ ー ジ ス ペ ー ス も 7 1 L 拡大。 コ ン パ ク ト な 使 い 易 さ は そ の ま ま に ス タ イ リ ッ シ ュ に生まれ変わりました。
新設計の 1.0 リッターのガソリン直噴過給エンジンの最大出力は、前モデルよりもパワーアップしており、市街地 では十分な動力性能 を発揮す る と と もに、高い静粛性 を実現。欧州の自動車安全アセスメント「ユーロ NCAP」で最高評価となる 5 つ星を獲得した新型「Polo」は、上級モデルに使われている先進安全技術・快適装備を採用したことで、これまでのコンパクトハッチバックのクラスを超えた高いクオリティを持ち併せています。一方、水平基調のインテリアは、操作系を一列に配置し、使い易さを向上。今後のフォルクスワーゲンのコンパクトカーの新しいコックピットレイアウトをいち早く採用しています。さらに、Volkswagen 純正インフォテイメントシステム “Discover Pro”を「P o l o 」 シ リーズ で初採用 し 、 モバ イルオ ン ラ イ ンサー ビ ス “ V o l k s w a g e n C a r – N e t ”のテレマティックス機能“Guide & Inform”を利用できます。リアルタイムな交通情報などによる安全で快適なドライビングと、「つながる」機能によって、コネクテッドカ―としてのさらなる車の楽しみ方を提案しています。

sponsored link

sponsored link