アルファロメオ「ジュリア Super Monochrome Edition」限定50台のお得価格で日本発売!






 

限定車「Alfa Romeo Giulia Super Monochrome Edition」を発売

2019年5月22日 Alfa Romeo

FCAジャパン株式会社(本社:東京都港区、社長:ポンタス・ヘグストロム)は、Alfa Romeo のプレミアムスポーツサルーン「Giulia(ジュリア)」に、限定車「GIULIA 2.0 TURBO SUPER Monochrome Edition(ジュリア2.0ターボ・スーパー・モノクロームエディション)」(以下、モノクロームエディション)を設定し、2019年5月22日(水)に、全国のアルファロメオ正規ディーラーにて50台限定で発売します。

GIORGIO(ジョルジオ)プロジェクトの第一弾として、新世代のFRアーキテクチャーを採用し、2017年10月に国内販売を開始したジュリアは、新時代を幕開けするアルファロメオのプレミアムスポーツサルーンとして、内外で高い評価を確立しています。また今年4月から発売された、国内ではアルファロメオ初となるディーゼルモデルを追加し、さらなる発展を遂げました。今回の限定車「モノクロームエディション」は、アルファロメオを代表するジュリアの、スポーツサルーンとしての魅力はそのままに、定評あるスタイリングをよりエレガントに強化したモデルとなります。

エクステリアには、カーボンエクステリアミラーハウジングを採用したほか、通常は18インチとなるアルミホイールを19インチのダブルスポークタイプへと変更し、視覚的な低重心感を強調しています。またETC車載器を特別装備しています。

当限定車のベースとなる「ジュリア2.0ターボ・スーパー」は、2ℓ直列4気筒ターボエンジン(最高出力200ps、最大トルク330Nm)を搭載し、充実した装備が特徴です。特にインテリアは、ステアリングヒーター、プレミアムレザーシート、8ウェイパワーシート、シートヒーター、レザーインストルメントパネル、ウッドパネルを装備するなど、上質な仕立てとなっています。また、高速巡航時にドライバーの負荷を軽減するアダプティブクルーズコントロールも備えています。「モノクロームエディション」は、こうしたベース車の誇る高い快適性と、エレガントでスポーティなエクステリアとが融合した、付加価値の高いモデルに仕上がっています。

「モノクロームエディション」は、魅力的な専用装備を備えながらも、ベース車に対しても大変魅力的な価格設定を実現しています。希望小売価格は5,300,000円(消費税込)です。

ボディカラーは、アルファブラック(インテリアカラー:ブラック/ベージュ)とアルファホワイト(インテリアカラー:ブラック)の2色を設定し、それぞれ25台限定で販売します。

※商品サイトURL:https://www.alfaromeo-jp.com/models/giulia/limited/giulia-monochrome/

 

あわせて読みたい