Aston Martin「Vantage F1 Edition」F1復活記念モデル発表!






アストンマーティンは、新型Vantage F1®エディションを発表します。このニューモデルは、アストンマーティンが60年以上の歳月を経て、フォーミュラ1®世界選手権に復帰したことを記念して製作され、真のスポーツカーとしてのVantageのキャラクターをさらなる高みへと引き上げます。また、アストンマーティン最高経営責任者(CEO)のトビアス・ムアースの意向を直接反映させた最初の主力製品でもあります。

新型Vantage F1®エディションは、Vantageラインナップの頂点に君臨するモデルです。フォーミュラ1®世界選手権への復帰に刺激を受け、今月末に開催されるF1開幕戦のバーレーンGPでデビューする、フォーミュラ1®オフィシャル・セーフティカーのVantageに採用されたエンジニアリングが直接フィードバックされたVantage F1®エディションは、パフォーマンスとダイナミズムを極限まで追及したモデルで、サーキットに焦点を合わせてスポーティなVantageにアップグレードを施した最速バージョンです。

このモデルは、史上もっともパワフルなVantageでもあり、アストンマーティンの経験豊富なエンジニアリング・チームによって開発された専用のシャシーを搭載し、エアロダイナミクスも見直されています。アストンマーティン・コグニザント・フォーミュラ1®チームがF1への復帰作業に専念する中、アストンマーティンのエンジニアリング・チームは、ロードカーをベースにした究極のVantageである、フォーミュラ1®オフィシャル・セーフティカーを製作しました。

エンジニアリング・チームは、Vantage F1®エディションを製作するにあたり、Vantageのあらゆる側面に改良のメスを入れました。その範囲は、パワートレイン、シャシー、エアロダイナミクスへと及び、走行フィールやキャラクターを改善しながら、パフォーマンスの徹底的な強化が図られました。

4.0リッター・ツインターボV8エンジンの最高出力は、25PS増加して535PSとなっています。最大トルクは685Nmで変更はありませんが、ピークトルクの持続範囲が拡大し、扱いやすさと粘り強さが改善されています。この圧倒的なパフォーマンスは、8速オートマチック・トランスミッションと組み合わせることによりさらに強化され、シフトアップ時のトルク損失が最適化され、シフト時間が短縮され、ダイレクト感と正確性が向上しています。このトルクデリバリーは、特に激しいブレーキングを伴うシフトダウンにおいて、車両のコントロール性とドライバーとの一体感を高め、トラクションの限界で走行しているときに、より精密なコントロールを可能にします。

Vantage F1®エディションのパフォーマンスは、包括的なエアロキットによって完成の域に達しています。この効果は、ドライバーが肌で感じることが可能で、ラップタイムも短縮されます。このエアロキットは、フロントとリアのダウンフォースを強化するように設計されており、最高速度では標準仕様のVantageよりも合計200kg多いダウンフォースを発生させます。車両の全体的なバランスも最適化されています。

Vantage F1®エディションは、その圧倒的なパフォーマンスを全身で表現する専用カラーとトリムオプションが設定されています。ボディカラーには、アストンマーティン・コグニザント・フォーミュラ1™チームのF1マシンおよびフォーミュラ1®オフィシャル・セーフティカーのカラーを模した、アストンマーティン・レーシング・グリーンも含まれています。エクステリアカラーはサテン仕上げまたはグロス仕上げの両方が利用可能で、他のカラーオプションとしてジェットブラックとルナホワイトが用意されています。これらはすべて、ソリッドマット・ダークグレーのレーシング・グラフィックによってさらに強化されています。Vantage F1®エディションのインテリアには、新しいオブシディアン・ブラックレザーとファントム・グレーのアルカンターラ張りのトリムが設定され、ライムグリーン、オブシディアン・ブラック、ウルフ・グレー、スパイシー・レッドのコントラスト・ストライプとステッチを選択することが可能です。

CoupeとRoadsterバージョンが用意されるVantage F1®エディションは、標準装備されるベーングリル、2×2ツイル・カーボンファイバー・エクステリア・ディテール、専用グラフィック、4本出しエキゾースト、新デザインのサテンブラック・ダイヤモンド旋削仕上げによる21インチ・アロイホイールによってさらに際立った存在感を放っています。

More from my site