ベントレー「新型 ベンテイガ・スピード」を日本でも発売開始!










 

新型ベンテイガスピード:究極のベンテイガ

  • エフォートレスなパフォーマンスと比類なきクラフトマンシップの融合
  • 6.0リッターW12エンジンが635PS、900Nmを発揮
  • 最高速度306km/h、0-100km/h加速3.9秒
  • 圧倒的な実力を際立たせる大胆なエクステリアデザイン
  • アルカンターラ製トリムと独特のディテールを採用したスピード専用インテリア
  • クルー本社にてハンドビルドとテストが行われるパワフルなW12エンジン
  • 気筒休止と惰性走行技術による効率向上
  • 「マイベントレー」コネクテッドサービスにeSIM採用、サービス内容を拡充

(2020年8月12日、クルー) ベントレーモーターズは本日、新型ベンテイガスピードの詳細を発表しました。ベンテイガシリーズの最高峰に君臨するベンテイガスピードがエフォートレスなパフォーマンスと妥協無きラグジュアリーを実現します。クルー本社でハンドビルドされるベンテイガスピードにはW12エンジンが搭載され、マリナードライビングスペシフィケーションをはじめ、ベンテイガが誇る豪華装備の多くが標準装備されます。

「スピード」というネーミングが初めて登場したのは2007年のコンチネンタルGTでした。ベンテイガスピードには、歴代「スピード」モデルの伝統と先代ベンテイガスピードの圧倒的性能が受け継がれています。2018年、過酷なレースとして知られるパイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライムに参戦した先代モデルは、量産SUVの新記録を樹立し、その性能の高さを証明しました。

新型ベンテイガのデザイン一新に伴い、新型ベンテイガスピードにも同様のデザインが採用され、全ラインアップにおけるベントレーのデザインDNAの統一が図られています。また、新型ベンテイガスピードは最新の車載テクノロジーを搭載し、キャビンの快適性も向上するなど、外見だけでなく中身も大幅な進化を遂げています。


More from my site

あわせて読みたい