BMW「新型 Z4」日本発売は価格566万円〜!スープラ兄弟モデル!


トヨタ「新型スープラ」兄弟モデル、BMW「新型Z4」が一足先に日本発売!





 

新型BMW Z4 発表

■ 縦型ヘッド・ライトやメッシュ状のキドニー・グリルなど、新しく特徴的なデザイン・コンセプトを採用。

■ 時速50km の走行時も10 秒でオープン/クローズ可能なソフト・ルーフを装備。

■ 高い俊敏性と操作性を実現させる、絶妙なボディ・バランスを実現。

■ AI 技術を活用した最新のBMW Intelligent Personal Assistant (BMW インテリジェント・パーソナル・アシスタント)を搭載。

ビー・エム・ダブリュー株式会社(代表取締役社長: ペーター・クロンシュナーブル)は、BMWロードスター・モデルの象徴的存在として約2 年ぶりに復活し、洗練された力強さを感じさせるデザインと、絶妙なボディ・バランス、新世代のエンジンやサスペンションを備えることで実現した高い走行性能を持つプレミアム・オープントップ・スポーツ・モデルである新型BMWZ4(ゼット・フォー)を、全国のBMW 正規ディーラーで本日より販売を開始する。

新型BMW Z4 は、60 年以上の歴史を誇る伝統あるBMW ロードスターの新型モデルに相応しい俊敏性、運動性、正確なハンドリング性能を実現させるため、高剛性のボディ構造や空力性能の向上などにより、最適なバランスを実現している。特に、先代モデルと比較して、85mm 長くなった全長に、75mm 拡大した全幅、15mm 高くなった全高に対して、ホイールベースを25mm 短くすると共に、より重心を下げるソフト・ルーフ・トップを採用することで、高い俊敏性、操作性を備えたモデルとなっている。

今回採用されたソフト・ルーフ・トップは、低重心なシルエットに調和するコンパクトなデザインとなっており、オープン/クローズ時共に281L のトランク容量を確保している他、時速50km以下の走行時も10 秒でオープン/クローズすることが可能となっている。

そして、AI を活用した最新のBMW Intelligent Personal Assistant (BMW インテリジェント・パーソナル・アシスタント)を搭載することで、音声会話だけで車両の操作、情報へのアクセスが可能となり、運転中でも視線をずらすことなく目的地変更等を行うことが可能となっている。

 

あわせて読みたい