ダイハツ「ミラトコット エレガント」など東京オートサロン出展車両を公開!








 

ダイハツ工業は12月19日、幕張メッセで開催される「東京オートサロン 2019」(千葉県千葉市美浜区:2019年1月11日~13日)の出展概要を発表。ダイハツブースは「遊びゴコロをみんなのものに。」をテーマに、市販予定車の「コペン クーペ」のほか、軽自動車や小型乗用車のコンセプトカーなど11台を展示する。

会場では、軽自動車の「ミラ トコット」をカスタマイズした「ミラ トコット スポルザ Ver.」「ミラ トコット アクティヴ Ver.」「ミラ トコット エレガント Ver.」といった3つのコンセプトカーのほか、「ムーヴ キャンバス 初音ミク リミテッド パッケージ ビーチクルージン Ver.」を出展。

小型乗用車では「トール カスタム プレミアム Ver.」「ブーン スタイル エレガント Ver.」、軽商用車では「ハイゼットトラック ジャンボ カリフォルニア工務店 Ver.」「ハイゼット トラック マルシェ Ver.」といったコンセプトカーを出展する。

市販予定車として「コペン クーペ」を出展。CFRP製のハードルーフを装着した本格クーペスタイルで、200台限定車として2019年1月11日から専用Webサイトで商談希望者の募集を開始する。

また、コンセプトカーの「コペン セロ スポーツプレミアム Ver.」は、メッシュ状のオリジナルフロントグリルやメッキ加飾を施して、新たな世界観を提案する。

そのほか、会場には2018年にダイハツ従業員の有志によってレストアされたレーシングカー「P-5」も展示される。P-5は1968年の第3回日本グランプリ・レースに出場してGP1クラスで優勝したレーシングカーで、ダイハツならではの小さいクルマづくりへのチャレンジングスピリットと技術を継承することを目的に行なわれたレストア作業により、走行が可能になった。


More from my site

あわせて読みたい