ダイハツ「コペン」に”GR SPORT”モデル発表!






 

ダイハツ工業(株)(以下ダイハツ)は、軽オープンスポーツカー「コペン」の第4のモデルとなる「GR SPORT(ジーアール スポーツ)」を、10月15日(火)から全国一斉に発売する。
コペンは「感動の走行性能」と「自分らしさを表現できるクルマ」を、新骨格構造「D-Frame」、内外装着脱構造「DRESS-FORMATION」の採用により実現した軽オープンスポーツカーである。2014年6月に発売した「ローブ」に加え、「エクスプレイ」「セロ」の3モデルをラインナップしており、今回発売する「GR SPORT」はそれらに続く第4のモデルである。
「GR SPORT」は、2019年1月に開催された東京オートサロン2019に出展した「COPEN GR SPORT CONCEPT」を商品化したもので、トヨタ自動車株式会社(以下トヨタ)のTOYOTA GAZOO Racing※1がモータースポーツ活動を通じて培ってきた知見の共有を通じて、ダイハツが開発を行ったモデルである。これまでお客様とのコミュニケーションを続ける中でいただいてきた、走行性能へのご要望にお応えするため、TOYOTA GAZOO Racingとメーカーの垣根を越えて、「意のままに操ることができる気持ちの良い走り」を目指して開発を進めてきた。
具体的には、既存モデルに対し、ボディ剛性を一層高めるため、アンダーボディに補強材の追加や形状変更を施したことで、ボディのねじれを抑制し、安定感のあるフラットな乗り心地を実現した。また足回りの最適化や、空力を向上させるパーツの採用により、しなやかな動きと安定性を向上。従来の標準グレードや、上級モデルである「S」グレードに対し、スポーティでありながら気持ちよく走れる上質なスポーツカーとして、これまでにはない新しい乗り味を実現した。
またフロントフェイスにはトヨタのGRシリーズの一部車種で採用している「FunctionalMATRIX」グリルを採用するとともに、インテリアでは、専用のレカロシートやメーターなどを採用し、上質感ある雰囲気を表現した。
現行「コペン」の発売後、今年で5周年を迎える中、今回のラインナップ拡充に加え、今後も販売会社とともにお客様とのコミュニケーションを深める取り組みを積極的に行い、「モノづくり」「コトづくり」の両輪でコペンを通じダイハツファンづくりにつなげていく。

モデル エンジン 変速機 駆動方式 価格
コペン GR SPORT 直列3気筒DOHC 0.66リッターターボ 7速スーパーアクティブシフト付きCVT 2WD(FF) 2,380,000円
5速MT 2,435,000円
 

あわせて読みたい