ホンダ「Honda e」ブラックボディの実車デザイン!ボディカラーは全5色!






 

Honda e のデザインは、既存のクルマの価値を見直すことから始めました。そして新たに目指したものは、クルマによる移動と人々の暮らしがシームレスにつながり、日常がより豊かになる価値の創造です。それは、「クルマをもっと人に寄り添う存在にしたい」という想いを込めたコンセプトです。

フランクフルトモーターショーでワールドプレミアとなった「Honda e」が2020年、いよいよ日本にも登場します。
エクステリアは、Hondaのスモールカーが作り上げてきた走りの楽しさと愛着を感じる親しみやすさをシンプル・クリーンに表現。新たに採用したポップアップ式のドアハンドルや従来のサイドミラーの役割を持つ「サイドカメラミラーシステム」といった先進機能により、継ぎ目がない滑らかなデザインを際立たせています。インテリアは、ラウンジのような心地良いシンプルな空間をイメージし、直感的に使いやすい2画面の大型タッチパネルモニターを搭載しています。また先進のAIを用いたコネクテッド技術による「Honda Personal Assistant」でユーザーの都市型ライフスタイルとクルマをシームレスに繋げます。

新開発のEV専用プラットフォームは、コンパクトなボディーながらロングホイールベースと短いオーバーハングによって、街中での取り回しの良さと優れた走行性能を両立。さらに力強いモーター・後輪駆動によるHondaならではの走りの楽しさを実現し、都市型コミューターによる使い勝手も考慮した性能を備えています。
急速充電にも対応し、30分で80%まで充電が可能です。

 

あわせて読みたい