Jeep「レネゲード ビキニ」夏色ジープが限定100台で日本発売!







 

限定車「Jeep® Wrangler」ならびに「Jeep® Renegade」に海の雰囲気を演出した特別色の限定車「BIKINI Edition」登場

FCAジャパン株式会社(本社:東京都港区、社長:ポンタス・ヘグストロム)は、Jeep® の本格オフローダー「Wrangler(ラングラー)」とコンパクトSUV「Renegade(レネゲード)」に、ターコイズブルーの専用ボディカラー「BIKINI」や、アウトドアで活躍する特製アクセサリーを採用した限定車「Wrangler Unlimited BIKINI Edition(ラングラー・アンリミテッド・ビキニ・エディション)」、ならびに「Renegade BIKINI Edition(レネゲード・ビキニ・エディション)」を設定し、2019年7月27日(土)より、全国のジープ正規販売店にて計180台限定で販売します。

メーカー希望小売価格(消費税込)と販売台数は、ラングラー・アンリミテッド・ビキニ・エディションが¥5,832,000で80台限定、レネゲード・ビキニ・エディションは¥3,650,000で100台限定です。

開放感溢れる夏のビーチの雰囲気になぞらえた限定車「ビキニ・エディション」。モデル名の由来ともなった海を想起させるターコイズブルーのボディカラーが遊び心を満たすと共に、様々なアウトドアシーンに溶け込みます。なお当ボディカラー「BIKINI」は、ラングラー、ならびにレネゲードに初採用となります。

さらにラングラー・アンリミテッド/レネゲード・ビキニ・エディションには、デイキャンプなどで活躍するBIKINIロゴ入りカーサイドタープが特別装備されます。このカーサイドタープは、老舗アウトドアブランド「ogawa」とのコラボレーションにより実現したもので、軽量かつコンパクトなつくりが特徴です。通常のテントに比べて設営が容易なため、気軽に使用できるうえ、車載の際も場所を取らずに収納できます。

またラゲッジルームには、BIKINIロゴ入りラゲッジフルカバーが装備されます。ラゲッジルームの床面および側面、後席の背面を保護するこのカバーは、汚れたものを積載する際に重宝します。表面にはBIKINI専用ロゴやフットプリントのイラストがあしらわれており、アウトドアの楽しい気分を盛り上げます。

加えて、ラングラー・アンリミテッド・ビキニ・エディションにはパームツリーロゴ入りソフトスペアタイヤカバーが、レネゲード・ビキニ・エディションには19インチアルミホイール、ならびに235/45R19 3シーズンタイヤが特別装備されます。

詳細は、巻末の主要諸元表と併せ、商品サイトをご覧ください。
ラングラー・アンリミテッド・ビキニ・エディション:
https://www.jeep-japan.com/special_models/wrangler-bikini.html
レネゲード・ビキニ・エディション:
https://www.jeep-japan.com/special_models/renegade-bikini.html

 

あわせて読みたい