三菱「新型 ASX (RVR) 2020」公式デザイン画像集!


三菱「RVR」に2020年モデルが登場!日本モデルもマイナーチェンジ間近か。






 

三菱自動車、ジュネーブ国際モーターショーでコンパクトSUV『ASX(日本名:RVR)』の2020年モデルを世界初披露

三菱自動車は、3月5日(火)から3月17日(日)まで開催される第89回ジュネーブ国際モーターショー*1で、コンパクトSUV『ASX(日本名:RVR)』の2020年モデルを世界初披露します。

『ASX』は2009年の発売以来、北米、欧州、豪州、中国など約90カ国で累計約132万台を販売しており、現在、三菱自動車において3番目に販売台数の多い世界戦略車です。
今回の改良では、当社のブランドメッセージである「Drive your Ambition」を具現化するデザインフィロソフィ「Robust & Ingenious」に基づき、エクステリアデザインを大幅に刷新しています。

【商品概要】
『ASX』は日常生活からレジャーまで幅広い用途に応える都市型コンパクトSUVです。軽量でコンパクトなボディとSUVならではの見晴らしの良いアイポイントにより、取り回しが良く運転し易いことを特長としています。
今回、新たに欧州向けとして、パワートレインは2.0L MIVEC*2 SOHC 16バルブエンジンを搭載し5速マニュアルトランスミッション、またはINVECS*3III6速スポーツモード付CVTを組み合わせ、2WD/4WDともに動力性能と環境性能をバランスさせました。
また、衝突被害軽減ブレーキシステム[FCM]などの予防安全機能や、衝突安全強化ボディRISEで、確かな安心・安全を提供します。
*2: Mitsubishi Innovative Valve timing Electronic Control system
*3: Intelligent and Innovative Vehicle Electronics Control System

【主な変更点】
1.大幅なデザイン変更
コンセプト
デザインコンセプトは “Impact and Impulse”です。
三菱自動車らしいタフさに加え、洗練された独創的なデザインにより強いインパクトを与え、新しい何かにチャレンジしたいドライバーの衝動を掻き立てるデザインを実現しました。
フロントビュー
「ダイナミックシールド」フロントデザインコンセプトを進化させ、左右から中央に向かって包み込むバンパーのプロテクト形状とフロントグリル部を水平・垂直基調のスクエアなラインで構成し、バンパー下部をスキッドプレート形状とすることで力強さ・堅牢さを表現。また、フードに厚みを持たせたことにより存在感を高めたフロントフェイスとしました。
LEDを多用したフロントランプデザインでは、ターンランプとフォグランプをバンパーサイドに配置した、特徴的なランプレイアウトにより、三菱らしい独自性を演出しています。
リヤビュー
リヤコンビランプ(ターンランプ以外)をLEDとし、車幅いっぱいに広がる水平基調の特徴的でシャープなテールランプとすることでワイド感を演出しています。また、バンパー下部をスキッドプレート形状として力強さを強化しました。
カラー
鮮やかさと深い輝きを併せ持つレッドダイヤモンド、スポーティでエネルギッシュなサンシャインオレンジ、また上質でシックな印象のオークブラウンを新たに採用しました。

2.スマートフォン連携ディスプレイオーディオ[SDA]の改良
スマートフォン連携ディスプレイオーディオ[SDA]を改良し、コネクティビティを一層進化させました。
ディスプレイサイズを7inchから8inchに拡大しました。また、USBメモリーに保存されている動画をSDA画面上で視聴できるようになりました*4。
上級グレードにはTom Tom*5のナビゲーションシステムを採用しました。スマートフォンを介してインターネットに接続することで、リアルタイム交通情報を利用することが可能になりました。
車速、オドメーター、各種警告灯などの車両情報を活用したアプリを提供することができるようになります。これにより将来的には、例えば燃料の残量に応じた最適なガソリンスタンドのナビゲーション、最適なメンテナンスの提案などが可能となります。これらの車両情報を活用したアプリは、随時配信していく予定です。
*4: 車両停止時のみ
*5: オランダに本拠を置くデジタル地図、ナビゲーションシステム向けソフトウェアなどを手がける企業

 

あわせて読みたい