日産「新型キャラバン」に車中泊モデル「MYROOM CONCEPT」発表!


 

日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区、社長:内田 誠)は、3日、「ジャパンキャンピングカーショー2022」(開催期間:2022/2/10(木)~2/13(日)、場所:幕張メッセ)に、昨年マイナーチェンジした新型「キャラバン」をベースとした「キャラバン MYROOM CONCEPT」、「キャラバン マルチベッド」を出展すると発表しました。

「キャラバン」は、昨年10月のマイナーチェンジを機に、ダイナミックで力強いエクステリア、黒を基調としたシックなインテリアのデザインに一新しました。また、歩行者の検知も可能である「インテリジェント エマージェンシーブレーキ」や、「インテリジェント アラウンドビューモニター」、「踏み間違い衝突防止アシスト」などの先進安全技術を装備すると共に、理想的な姿勢を維持し長時間のドライブでの疲労を軽減する「スパイナルサポート機能付きシート」も全車標準装備としました。ワークユースのみならずレジャーや趣味などを楽しむお客さまにとっても使い勝手の良いモデルです。

今回出展する車両は、「キャラバン」をベースとした以下のモデルです。

●キャラバン MYROOM CONCEPT
新型「キャラバン」に、素敵な部屋を載せた「どこでもMY ROOM」のデザインコンセプトモデルです。「普段の生活の中で、大切な人とお気に入りの場所で過ごす」。そんな、さりげなくゆったりとした時間の楽しみ方をご提案します。(参考出品)

●キャラバン マルチベッド
荷室に跳ね上げ式のベッドシステムと、防水性も兼ね備えた硬質素材のフロアパネルを装備したことで、車内での休憩や宿泊などのくつろぎ空間と積載性を兼ね備えたモデルに仕上げました。また、オプションの着脱式のテーブルを装着すると、リビングのような空間として使用する事も可能です。アウトドアスポーツなどの趣味にも、テレワークの仕事部屋にも、お客さまの用途に合わせて、さまざまなアレンジが可能です。こちらのモデルは、多様なニーズやライフスタイルにあわせ、「GRANDプレミアムGX」と「プレミアムGX」の2つのグレードを用意しました。

More from my site