日産「新型セレナ」発表:新フロント&安全技術で進化!







 

日産、「セレナ」をマイナーチェンジ

日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区、社長:西川 廣人)は、1日、「セレナ」をマイナーチェンジし、全国一斉に発売すると発表しました。

セレナ」は、1991年の発売以降、家族のための安心できるミニバンとして親しまれてきました。
現在の5代目「セレナ」は、広々座れる室内の広さや、乗り降りのしやすさ、スライドドアやバックドアの開閉のしやすさ、そして家族のニーズに応える多彩なシートアレンジなど、ミニバンとしての高い基本性能や装備が、お客さまからご好評をいただいています。さらに、100%モータードライブの電動パワートレイン「e-POWER」や運転支援技術の「プロパイロット」搭載車もお客さまから高い支持をいただき、2018年度(2018年4月~2019年3月)の国内販売では、ミニバン*1NO.1を獲得しました。

*1 ミニバンとは定員6名以上の国産車を指します。ミニバン順位は日産調べ。

今回のマイナーチェンジでは、デザインを一新するとともに、「全方位運転支援システム*2」を全車標準装備とするなど、先進安全技術の装備を拡充させました。
大切な家族と一緒に乗るクルマだからこそ、より安心してお乗りいただける最先端のミニバンに進化しました。
詳細は、以下の通りです。

デザイン
特徴的な「ダブルVモーショングリル」を筆頭に、クロームを贅沢にちりばめた宝石のようなグリルパターンなどのリッチで押し出しの強いフロントマスクや、縦長のリアコンビランプをハイウェイスター専用パーツとしてデザインし、セレナが持つ品格のある佇まいはそのままに、より力強くスポーティに進化しました。「セレナ」e-POWERには、新たに16インチアルミホイールを設定し、よりダイナミックで存在感のあるホイールとしました。
ボディカラーは、「セレナ」の新しい夜明けに相応しい「朝日」をイメージした「サンライズオレンジ」と、より精悍でスポーティな印象の「ダークメタルグレー」の新色2色を追加。4つの2トーンカラーを含め、全14色としました。2トーンカラーは、ルーフの色をすべてダイヤモンドブラックに統一することで、スタイリッシュ且つスポーティな印象に仕上げています。

先進安全技術
360°の安全を提供する「全方位運転支援システム」を、全車標準設定とし、より安全性能を向上させました。

前方は、対向車がいてもハイビームを維持できる、ハイビームアシストの進化機能である「アダプティブLEDヘッドライトシステム*3」を日産として初採用しました。フロントカメラで前方の状況を検知し、対向車や先行車の有無に応じて、両側に12個ずつ配置されたLEDの照射パターンを変化させることにより、常に視認性の高い状態が維持できます。

後側方は、走行中に隣接レーンの後側方を走行する接近車両との接触を回避するよう支援する「インテリジェント BSI(後側方衝突防止支援システム)」や「BSW(後側方車両検知警報)」、後退時には、後方を横切ろうとする車両を検知し注意を喚起する「RCTA(後退時車両検知警報)」を新設定しました。

また、「踏み間違い衝突防止アシスト」を標準装備にしたことで、全車が「セーフティ・サポートカーS<ワイド>(サポカーS<ワイド>)」該当車となりました。

「プロパイロット」の機能は、ドライバーのストレスをさらに軽減するため、下り坂での設定速度保持や、よりスムーズな減速を可能とするブレーキ操作などが可能となりました。また、ワイパー作動時の機能向上も図りました。

*2 「全方位運転支援システム」に含まれる装備は下記のとおりです。
・アダプティブLEDヘッドライトシステム または ハイビームアシスト(グレード別設定)
・インテリジェントエマージェンシーブレーキ
・標識検知機能(進入禁止標識検知、最高速度標識検知、一時停止標識検知)
・踏み間違い衝突防止アシスト
・インテリジェントLI(車線逸脱防止支援システム)+ LDW(車線逸脱警報)
・インテリジェントBSI(後側方衝突防止支援システム)+ BSW(後側方車両検知警報)
・RCTA(後退時車両検知警報)

*3 アダプティブLEDヘッドライトシステムは、一部のグレードにおいて標準装備/メーカーオプションの設定となります。

「セレナ」全国希望小売価格(消費税込み)

なお、防水機能を備え、汚れを簡単に拭き取ることができる「防水シート」もオプションとして継続設定いたします。

セレナWEBカタログ:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena.html

 

あわせて読みたい