日産×横浜ゴム「Z Adventure」発表:フェアレディZに「GEOLANDAR」を!





 

横浜ゴム、日産「フェアレディZ」×「GEOLANDAR」のデモカーを制作

ジェントル&オシャレな大人のオフロードツーリングスタイルを提案

横浜ゴム(株)は国産スポーツカー・日産「フェアレディZ」とSUV・ピックアップトラック用タイヤブランド「GEOLANDAR(ジオランダー)」のコラボレーションによるスタイリッシュかつ本格オフロード仕様のオールラウンドスポーツカー「Z-Adventure」を制作しました。本デモカーは「TOKYO AUTO SALON 2021」(新型コロナウイルス感染症拡大により開催中止)での発表に向けて制作したもので、1月17日のTOKYO AUTO SALON 2021/オートサロンTVでの露出を皮切りに、すでに多くのクルマ専門メディアで紹介され注目を集めています。

クルマ先進国の欧米では少し生活に余裕のできた多くのクルマ好きが晩年にオフロードツーリングを満喫しています。従来こうしたシーンではクロカン四駆が一般的でしたが、その後SUV化が進み、更にそのSUVでも、よりスポーティーな方向に進化している流れから”純粋なスポーツカーの本格オフロード仕様車を作ってみよう”という発想から「Z-Adventure」は生まれました。

「Z-Adventure」のコンセプトのベースは1984年にクロカン四駆が主流だったダカールラリーに参戦し、大差で優勝した「ロスマンズ・ポルシェ953」です。同車をオマージュし、オフロードツーリングを楽しんだ後に高級ホテルのエントランスに乗り付けられるようなオシャレで遊び心を忘れないジェントルな大人のためのオールラウンドスポーツカーを目指しました。

カスタムポイントは未舗装路ではセダンのラリーカー並み、オフロードでも四駆SUV以上の走破性能を確保しつつ、スポーツカーとしてのシルエットを壊さないデザインを実現しました。足元には大口径33インチのオフロードユーザー向けタイヤ「GEOLANDAR M/T G003」とラリー・ダートトライアル用アルミホイール「ADVAN Racing RCⅢ」を装着し、さらにレース用サスペンションやブレーキキャリパーを採用。また、Baja(バハ)仕様のガードシステム、ウインチやサンドラダーなどレスキューアイテムを装備しオフロード対応力を高めています。安全性と快適性も考慮し、室内にはリクライニングバケットシート、6点式シートベルト、4点ロールバー、エアバッグ付きステアリングを装着。トレーラ牽引も可能でラゲッジスペース不足を補い、バイクやスノーモービルなど遊びアイテムも運べます。今後はモータースポーツや試乗会などの各種イベント、横浜ゴムオウンドメディアや様々なメディアでの露出を通じて、クルマ好きの大人のためのニューカスタムスタイルとして広く提案していきます。

横浜ゴムは2021年度から2023年度までの新中期経営計画「Yokohama Transformation 2023(YX2023)」(ヨコハマ・トランスフォーメーション・ニーゼロニーサン)のタイヤ消費財戦略において高付加価値商品の主力であるグローバルフラッグシップタイヤブランド「ADVAN(アドバン)」、SUV・ピックアップトラック用タイヤブランド「GEOLANDAR」、そして「ウィンタータイヤ」の販売構成比率最大化を掲げ、商品のサイズラインアップ拡充や各地域の市場動向に沿った商品の販売を強化する「商品・地域事業戦略」に取り組んでいます。

<車両スペック>

車両名:Z-Adventure 【ゼットアドベンチャー】
ベース:日産「フェアレディZ」(Z34型)
タイヤ:GEOLANDAR M/T G003(フロント:255/75R17 LT/リア:33×12.50R17 LT)
ホイール:ADVAN Racing RCⅢ(フロント:17×7.0J 5/114 +45/リア:17×8.0J 5/114 +38)
パーツ:BRIDE EUROSTER II/KING特注サスペンション/IPF 2インチドライビングランプ/JAOS特注アンダーガード/HKS SUPER SOUND MASTER/HKS STAINLESS FRONT PIPE他

More from my site