スズキ「HANARE ハナレ」自動運転×自由空間のコンセプモデル発表!






スズキ株式会社は、2019年10月24日から11月4日まで、東京ビッグサイト及びお台場周辺エリアで開催(一般公開は10月25日から)される第46回東京モーターショー2019(主催:一般社団法人 日本自動車工業会)に次の内容を出品する。

スズキは、四輪車や二輪車、電動車いす、船外機で、お客様に喜ばれる真の価値ある製品づくりに取り組んできた。今回の東京モーターショーでは、スズキが提案する小さなクルマだからこそできるワクワクのある毎日をお客様に提供するため、『WAKU WAKU SWITCH for EVERYONE つくろう、あなたのワクワクで、みんなのワクワクを。』を出展テーマとし、2020年に創立100周年を迎えるスズキが、さらに次の100年に向けて「大きな未来」を切り拓く、製品開発や技術開発の取り組みを提案する。

今回のスズキブースでは、パーソナルコンパクトPHEV「WAKUスポ」、モバイルルーム自動運転車「HANARE」をはじめ、軽クロスオーバーワゴン「ハスラー コンセプト」、新開発の油冷エンジンを搭載したロードスポーツバイク「ジクサー SF 250」など、総合モビリティメーカーとしての技術を結集した展示とする。また、軽トラック「スーパーキャリイ」の荷台を使用して、軽トラ市を模したスズキの用品販売コーナーを設ける。

誰もが自由に移動時間と、ほどよい空間を有効活用できる
モバイルルーム自動運転車「HANARE(ハナレ)」
AI、ロボットによる超効率化社会の中でも、「人のつながり」や「人のこだわり」など、人間らしい欲求を大切にし、クルマを所有する新たな喜びを提案する自動運転車。
家の「離れ」のようなほどよい大きさの室内空間が移動することで、運転以外の楽しさ、ワクワクを提案。
ライフスタイルが更に多様化する未来において、様々な使い方や利用シーンに対応し、一人ひとりのワクワクにスイッチ。

 

あわせて読みたい