トヨタ「カローラApex」はサーキットチューンのホットセダン!







トヨタ、米国で「カローラ Apex Edition」公開。最高出力169HPの2.0リッターエンジン搭載のホットバージョン
120台限定で6速MTモデルも

トヨタ自動車は7月15日(現地時間)、米国で販売する「カローラ」の2021モデルをベースにした限定モデル「カローラ Apex Edition」を公開した。

カローラ Apex Editionは、手ごろな価格のスポーツセダンを探している熱狂的なファンに向けた限定モデルで、サーキット走行において最速のラップタイムを達成することを目指したチューニングが施された。

カローラ Apex Editionには、カローラセダンに最高出力169HPを発生する2.0リッターエンジンを搭載。サーキット走行に向けて特別にチューニングしたサスペンションなどが採用された。

エクステリアは、工場装着のカスタムボディパッケージにより、カローラにエッジの効いたスタイルを与え、スポーツチューニングされたエキゾーストとともにパンチのある存在感を手に入れた。

カローラ Apex Editionは限定6000台で販売され、さらにトヨタではスポーツドライブ純粋主義者に向けて「SE」グレードをベースに6速MT(iMT)を採用する特別モデルも120台を用意するという。


More from my site

あわせて読みたい