トヨタ「新型カローラ(セダン)」日本発売:公式デザイン画像集!









 

TOYOTA、カローラ、カローラ ツーリングをフルモデルチェンジ、同時にカローラ スポーツを一部改良

-グローバル共通TNGAプラットフォームでスポーティなデザインと走る喜びを追求-

  • TNGA*1に基づいたグローバル共通プラットフォームの採用によりスポーティなデザインとクルマ本来の走る喜びを追求しつつも、取り回しの良さなど日本の環境に合わせた専用ボディを開発
  • 国内トヨタ初*2のディスプレイオーディオ(DA)を搭載。スマートフォンとの連携など、コネクティッドサービスの広がりでカーライフを安心・便利に
  • 自転車や夜間の歩行者検知が可能な、最新の「Toyota Safety Sense」を全車標準装備

TOYOTAは、カローラ(セダン)、カローラ ツーリング(ワゴン)を車名とともにフルモデルチェンジするとともにカローラ スポーツ(ハッチバック)を一部改良し、全国のトヨタカローラ店、ならびにトヨタモビリティ東京(株)、ネッツトヨタ東都(株)、ネッツトヨタ多摩(株)を通じて、9月17日に発売しました。

(左から)カローラ スポーツ HYBRID G“Z”(2WD)<オプション装着車>、カローラ ツーリング HYBRID W×B(2WD)<オプション装着車>、カローラ HYBRID W×B<オプション装着車>
(左から)カローラ スポーツ HYBRID G“Z”(2WD)<オプション装着車>
カローラ ツーリング HYBRID W×B(2WD)<オプション装着車>
カローラ HYBRID W×B<オプション装着車>

カローラは、1966年に誕生して以来、世界中のお客様にご愛顧いただき、おかげさまで、現在、世界150以上の国と地域で、販売累計台数4,750万台*2を超えるロングセラーカーとして育てていただきました。

昨年6月、新たなカローラシリーズの先鞭としてカローラ スポーツを投入し、TNGAプラットフォームを採用することで、デザインと走りが大きく生まれ変わりました。そして、今回セダンタイプのカローラ、ワゴンタイプのカローラ ツーリングを投入し、様々なお客様のライフスタイルに合わせて、生まれ変わったカローラシリーズを選択いただけるようになりました。
具体的には、TNGAプラットフォームを活用しつつ、国内専用の設計をすることで、低重心でスポーティなスタイリング、走る楽しさと、取り回しの良さを両立させています。また、最新の「Toyota Safety Sense」の全車標準化といった安全性能の強化や、国内トヨタ初となるディスプレイオーディオの標準搭載とスマートフォンとの連携などコネクティッドサービスを充実させました。

開発を担当したチーフエンジニアの上田泰史(うえだやすし)は、「カローラは、常にその時代のお客様のニーズ、地域のニーズに合わせ、変えることをいとわず開発してきたクルマ。そんなカローラだからこそ、世界で、日本で、多くのお客様に永く愛されてきました。今回の新型カローラは、『TNGAプラットフォームを採用し、スポーティなデザインと気持ちの良い走り』で、お客様の期待を超え、『先進の安全装備、コネクティッド』で、豊かで安全・安心なお客様のカーライフをサポートします。クルマ本来の楽しさを追求したカローラシリーズを是非乗って体感いただきたい」と語っています。

なお、従来型のカローラ アクシオ、カローラ フィールダーは、設定グレード*3や一部の装備を見直し、引き続き販売することで、法人のお客様を含めた幅広いニーズにも対応しています。

 

あわせて読みたい