トヨタ「新型スープラ」日本発売:デザインを徹底紹介!




GRスープラ RZ 690万円



GRスープラ SZ-R 590万円



GRスープラ SZ 490万円


 

トヨタ自動車は5月17日、新型スポーツクーペ「スープラ(Supra)」を発売した。価格は490万円~690万円。トヨタではこの発売に合わせ、上級グレード「RZ」で専用色「マットストームグレーメタリック」(32万円高)のボディカラーを採用する2019年度生産分24台について、同日から6月14日までの約1か月間に専用Webサイト限定で商談申し込みを受け付ける。商談順については抽選のうえ、新型スープラをベースとしたマシンも出場する「ニュルブルクリンク24時間耐久レース」のレース決勝当日となる6月22日~23日に発表される。

スープラは「セリカ XX」の車名で1978年4月に初代モデルがデビュー。1986年2月に発売された3代目からは輸出名として使われていたスープラに車名を統一し、2002年まで販売を継続していた。5代目に位置付けられる新型スープラは17年ぶりの復活となる。

なお、国土交通省届け出の正式な車名はスープラだが、2018年3月のジュネーブ国際自動車ショーで公開された「GR Supra Racing Concept」以来使用されてきた「GR Supra」の呼び名は、今後も“マーケティング活動における名称”として利用されるとのこと。

モデル エンジン 変速機 駆動方式 価格 WLTCモード燃費
SZ 直列4気筒 2.0リッター直噴ターボ(197PS/320Nm) 8速AT 2WD(FR) 4,900,000円 13.1km/L
SZ-R 直列4気筒 2.0リッター直噴ターボ(258PS/400Nm) 5,900,000円 12.7km/L
RZ 直列6気筒 3.0リッター直噴ターボ(340PS/500Nm) 6,900,000円 12.2km/L
 

あわせて読みたい