トヨタ「スープラ」最高出力を387PSに再チューニング!

トヨタが「スープラ」に2020年最新モデルを発表!ホライズンブルーの特別仕様車も限定販売!






 

TOYOTAは、スープラを一部改良するとともに、特別仕様車 RZ“Horizon blue edition”を設定し、10月頃に発売します。なお、RZの外板色マットストリームグレーメタリックについては限定27台、特別仕様車 RZ“Horizon blue edition”については限定100台の販売となります。

今回の一部改良では、RZの3.0Lエンジンの出力を285kW(387PS)/5,800rpm(従来型比+14%)に向上させました。さらに、フロント部にブレースを追加しボディ剛性の強化を図るとともに、それに合わせてサスペンションを再チューニングすることでコーナリング中の安定性を高めました。

外板色には、台数限定販売のマットストームグレーメタリックを含む全7色を設定しました。

スープラ RZ(3.0Lエンジン)スペック比較

従来型 新型
最高出力(kW[PS]/rpm) 250[340]/5,000 285[387]/5,800
最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm) 500[51.0]/1,600-4,500 500[51.0]/1,800-5,000
重量(kg) 1,520 1,530
0-100km/h加速(秒) 4.3 4.1

特別仕様車 RZ“Horizon blue edition”はRZをベースにブルーをまとわせた特別仕様とし、販売台数を限定100台としています。外板色に新規採用色のホライズンブルーを特別設定し、マットブラック塗装の19インチ鍛造アルミホイールを特別装備。室内においても、表皮にアルカンターラ®*1とブラックの本革を組みあわせたシートを採用しました。また、シート表皮をはじめ、インストルメントパネルやドアトリム、ステアリングホイールなど、随所にブルーステッチを施しており、ブルーカラーで統一した仕様としています。

*1 アルカンターラ®は、アルカンターラ社の登録商標です

More from my site

あわせて読みたい