VW「ゴルフ マイスター」発表:新モデル10月発表へ最終モデル登場!






フォルクスワーゲン グループ ジャパン(VGJ)は、現行『ゴルフ』シリーズの集大成となる特別仕様車「マイスター」シリーズ3モデル5グレードを追加設定し、6月4日から販売を開始した。

ゴルフは1974年の誕生以来、世界中の誰もが使いやすく乗りやすいピープルズカーとしての基本コンセプトは維持しながら、進化を続けてきた。現行ゴルフはMQBプラットフォームを採用した最初のモデルとして2013年に日本へ導入。大幅に向上した安全性、快適性、走行性能などが高く評価された。新型ゴルフの世界初公開を10月に控え、現行モデルの集大成として、ゴルフファミリーの魅力を凝縮したモデル「マイスター」シリーズを販売する。

「マイスター(Meister)」とは、ドイツ語で「職人・名人」を意味。マイスターシリーズはその名が示す通り、入念に作りこまれた完成度の高い特別仕様車となっている。

駐車時の障害物などを検知する「パークディスタンスコントロール(フロント/リヤ、前進/後退時衝突軽減ブレーキ機能付)」、入庫から出庫まで駐車の一部始終をサポートする駐車支援システム「Park Assist」を全モデル標準装備し、安全性をさらに強化。その他、レザーシートとパワーシートを一部グレードに標準装備し、上質な室内空間を演出する明るいベージュ色のレザーシートも新たに設定した。

 

5keoRyP9_o.jpg
VW「次期ゴルフ」の生写真が早くも流出→デジタル化をキーワードに今秋にも正式発表へ!

 

あわせて読みたい